◎ 有機EL照明/OLEDディスプレイの詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
💡>>有機ELディスプレイ・製造工程・有機EL照明の動向・コンサルティング
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

◎ 分析工房は、有機EL、有機太陽電池の高純度材料や中間材料の販売を日本の企業・研究機関向けに行っております。海外での委託生産も行っております。下記からお問い合わせ下さい。
💡>>有機EL材料、有機太陽電池の高純度材料
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
  New! 「世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2017」 5月30日発刊!
【有機ELディスプレイのパネル・材料・製造装置・部材などの主要メーカ企業動向をまとめた。韓国・中国などの企業・戦略・サプライチェーン・開発等、最新の海外情報も満載。】

💡詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/764-oledequipment2017.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋
◎ 分析工房は、UBIリサーチ社(UBI Research)の日本語の調査資料を販売しております。日本円での購入が可能です。 💡詳細・ご注文は → 分析工房
2017年08月09日

button_15.jpg  有機ELの次へ、進化する量子ドットとマイクロLED

北原 洋明=テック・アンド・ビズ 2017/01/17

 現在の液晶や有機ELの次の世代と目される新しいディスプレー技術の発表が、学会で増えてきている。象徴的だったのが、2016年12月に開催された「第23回International Display Workshops(IDW/AD'16)」だ。特に注目を集めたのが、量子ドット(QD)とマイクロLED(Micro LED)である。いずれも「MEET(MEMS and Emerging Technologies for Future Displays and Devices)」セッションで集中的に取り上げられた。ここ1年ほど、ディスプレー分野では、フレキシブルへの期待と共に有機ELが注目され、本格的な実用化も目前まできている。その中で、新しいディスプレーの胎動を感じた。

量子ドットは第2フェーズ、Cd対応で分かれる戦略

 量子ドットの液晶ディスプレーへの応用は4年前から始まっており、徐々に市場に浸透している。しかし、当初期待された爆発的な拡大は見られていない。その背景の1つには、Cd(カドミウム)が主要な材料として使われていることがある。当初、量子ドットのメーカー各社が一斉に液晶への適用を目指して参入してきた時期を第1フェーズとすると、2015年にCd規制の例外適用延長が議論されたころから、各社それぞれの方向を明確にし始めた。現在は、第2フェーズに入ったと言える。

 もともと「Cdフリー」をうたっていた英Nanoco社は、Cd系に比べて劣っていた性能を徐々に改善している。今回のIDWでの発表では、半値幅が緑で30nm、赤で40nm、量子効率が90%まで改善されたことを示した(論文番号MEET5-2)。Cd系の材料を推し進めてきた米Nanosys社は、非Cdの材料を混ぜることで、Cdの含有率を規制値100ppm以下に抑えながら、半値幅が緑で18nm、赤で43nm、量子効率が92%と、Cd系と同等の値を得た。同社は2017年から市場に出すと報告した(同MEET5-1)。

 この他、液晶ディスプレー応用への様々な取り組みも進んでいる。メルクは、液晶ディスプレーのカラーフィルター(CF)への量子ドット応用について講演した(同MEET5-4)。中国Southern University of Science and Technologyは、LEDチップに量子ドットを載せる“On Chip”方式の講演を行った(同MEET5-3)。ドイツCenter for Applied Nanotechnologyは、量子ロッドの特性向上を目指した開発を継続的に行っている(同MEET2-5)。

オール印刷、有機EL代替を目指すQLED

 現在は自発光型の有機EL(OLED)でフレキシブルディスプレーを目指した開発が続けられている。その発光層を量子ドットで形成し、電子/ホール輸送層など他の層も含めて全て印刷法での形成を目指す「QLED」の発表も増えつつある。中国Chinese Academy of Sciences(OLED2-4)、韓国Kyung Hee University(MEET4-1)、韓国Seoul National University(MEET4-2)、中国Fuzhou University(MEET4-3)、英国Brunel University(MEET4-4)、中国Southern University of Science and Technology(MEET5-3)などが発表した。ポスター発表も4件あった。

 各講演では、QLEDの構造、プロセス、QLED材料などに関する開発状況が報告された。例えば、韓国Kyung Hee UniversityのProfessorのJin Jang氏は、酸化物半導体を陰極層に用いた反転構造のQLEDを提唱するとともに、様々な種類の量子ドット材料を紹介し、特性の改善に向けた方向性を示した。中国Fuzhou UniversityのFushan Li氏は、グラフェン型の量子ドットで青色発光が得られることを示し、印刷プロセスでフレキシブルQLEDを試作した。他に、ペロブスカイト(Perovskite)構造の材料を用いた発表が数件行われた(PH(Inorganic Emissive Display and Phosphors )セッションを含む)。

ポスト液晶/有機ELと目される「マイクロLED」

 これまでのディスプレーは液晶や有機ELのように、TFTバックプレーンを用いて駆動するアクティブ型のディスプレーがほとんどだった。これに対して、発光デバイスであるLEDそのものをディスプレーの画素に並べるマイクロLEDディスプレーの発表が増えてきた。今回は、フランスCEA-LETI(MEET1-2)、英Brunel University/mLED(MEET1-3)、米X-Celeprint(MEET1-4)の3件である。

 CEA-LETIのFrancois Templier氏は、GaN LEDで10μmピッチのマイクロLEDを作製し、3μmピッチの可能性も示した。X-CeleprintのAntonio Jose Trindade氏は、ウエハー上に形成したLEDをフレキシブル基板に転写し、マイクロLEDディスプレーを作製する手法を講演した。Brunel UniversityのProfessorのJack Silver氏は、単色のマイクロLEDをフルカラーで光らせるために量子ドットを組み合わせる手法を提案した。

塗り変わるディスプレーのロードマップ

 量子ドットは、スーパーハイビジョン時代に向けた色域拡大を武器に、液晶ディスプレーへの適用から実用化が進んでいる。ここ1〜2年は、学会でもCd系材料の是非が議論されてきた。あくまでもCdフリーを推し進めるか、それとも効率や色域の性能が高いCd系の特徴を活かすかという議論である。液晶ディスプレーへの適用で量子ドット各社が一斉に参入した第1フェーズから、量子ドット各社がそれぞれの特徴を活かしながら市場拡大を加速させようとしている第2フェーズに入ったと言える。加えて、次のステップとしての有機EL代替の可能性を持つQLEDの開発も精力的に行われている。

 さらに、液晶や有機ELのように、バックプレーンを用いてアクティブマトリクス駆動するという従来のディスプレーの概念を一変させるマイクロLEDが注目を浴び始めている。ポスト液晶/有機ELと目されるこの技術が実用化すると、ディスプレーの製造および産業は大きく変わることになる。

 このLEDディスプレーの火付け役といえるのが、ソニーが2012年に発表し「Crystal Display」である。その表示の素晴らしさ、特に輝度とコントラスト比の高さは、多くの方が認めている。そして2016年に同社が「CLEDIS」を製品化したことで、LEDディスプレーの普及が現実となった。このソニーのLEDディスプレー技術は、マイクロLEDにつながるものである。なお、このマイクロLEDに向かう手前に“Small Pitch LED”がある。

図1に、液晶や有機ELとは異なる新たなディスプレーの世界を築きつつある、LEDディスプレーの全体像を描いた。現在、LEDディスプレーは、超大型のデジタルサイネージ分野で広く普及しているが、このLEDの実装ピッチが徐々に狭くなっている。その結果、100型前後の相対的に小さな画面にも市場が広がりつつある。液晶や有機ELが小型から大型へ進化していったのとは対照的に、LEDディスプレーは大型のサイネージから小型へと広がりつつある。そして、その究極がマイクロLEDになる。

 また、液晶や有機ELがTFTバックプレーンによるアクティブマトリクス方式で駆動するのに対して、LEDディスプレーでは一定のサイズのブロックで構成し、それぞれのブロックを外部信号によって独立して駆動する。これにより、バックプレーンという概念がなくなる。極言すれば、このブロックをつなげていけば、いくらでも大きなディスプレーができる。また、LEDチップ間の距離を縮めていけば、どんどん高精細化できる。


図1 ディスプレーの全領域をカバーするLEDディスプレー
超大型のデジタルサイネージ分野で市場を形成しているが、LEDの実装ピッチ間隔を縮めた“Small Pitch LED”によって、100型以下の市場にも食い込み始めている。さらに、ピッチを微細化したマイクロLEDによってモバイル端末の市場領域までカバーし、ディスプレーの全ての領域をカバーすることになる。Small Pitch LEDの分野では、既に中国メーカー数社が展示を行っている(図中の青い円内の赤丸、筆者が2016年9月に上海で開催されたLEDの展示会で確認)。マイクロLEDの領域では、取りざたされる米Apple社の製品(図は筆者の推測で記入)が2017年に製品化される期待もある。

 量子ドットやマイクロLEDに関しては、2016年12月の「IDW」や同年5月の「SID」でも多くの発表があったが、そのほとんどが海外勢であり、日本からの発表は大学のポスター発表にとどまっている。これらの技術は欧米のベンチャー企業から発したものであるが、ここ1〜2年は中国からの発表が急速に増えている。また、マイクロLEDでも既に事業化を見据えた動きが中国企業から出てきている。日本は、液晶と有機ELでかろうじて踏みとどまっている現状だが、量子ドットやマイクロLEDといった将来技術に対して全くといってよいほど研究開発に手が付けられていない。このような状況では、日本のディスプレー産業の将来が危ぶまれる。
2017年06月13日

button_15.jpg  東北大学、量子ドットの発光強度を自在に制御

2017年06月13日 EE times

東北大学の蟹江澄志准教授らは、硫化カドニウム(CdS)量子ドットとデンドロンからなる「有機無機ハイブリッドデンドリマー」を開発した。このデンドロン修飾CdS量子ドットは、非対称性の高い液晶性立方晶構造を形成している。量子ドットの発光強度を自在に制御できることも分かった。
[馬本隆綱,EE Times Japan]

 東北大学多元物質科学研究所の蟹江澄志准教授らによる研究グループは2017年6月、硫化カドニウム(CdS)量子ドットとデンドロンからなる「有機無機ハイブリッドデンドリマー」を開発した。このデンドロン修飾CdS量子ドットは、非対称性の高い液晶性立方晶構造を形成していることが分かった。量子ドットの発光強度を自在に制御できることも明らかにした。

 今回の研究は、蟹江氏や多元物質科学研究所の松原正樹博士(現在は仙台高等専門学校助教)、村松淳司教授、英国シェフィールド大学のGoran Ungar教授らと、東北大学多元物質科学研究所の秩父重英教授グループおよび、九州大学先導物質化学研究所の玉田薫教授グループらが連携して行った。

 蟹江氏らの研究グループは、カルボキシル基(CO2H)を有するCdS量子ドット表面に、温度変化によって液晶状態となるデンドロンを密に装飾した有機無機ハイブリッドデンドリマーを開発した。


有機無機ハイブリッドデンドリマーの概略図 出典:東北大学

 Ungar教授らと連携して、開発したデンドロン修飾CdS量子ドットの構造を、小角X線散乱測定法により詳細に解析した。その結果、デンドロン修飾CdS量子ドットは、液晶性P213構造と呼ばれる非対称性の高い、自己組織性立方体構造を形成していることが分かった。P213構造とは、中心対称のない特殊な構造である。


デンドロン修飾CdS量子ドットが形成するP213構造のイメージ図。左は側面図、右は正面図 出典:東北大学

 さらに研究グループは、P213構造を形成したCdS量子ドットについて、発光強度を自在に制御できることを初めて見出し、その機構も解明したという。外部から紫外光を照射することで、CdS量子ドットの内部に生じた光励起エネルギーが、ほぼ全てCdS量子ドットの外側に存在するデンドリマーにエネルギー遷移する。これによって、CdS量子ドットの発光強度を制御することが可能になったという。

 研究成果について研究グループは、「光エネルギーを直接電気エネルギーに変換する太陽電池や、電気エネルギーを直接光に変換するLEDの高性能化に有用な技術である。生鮮食品の熱履歴センサーなどの開発にもつながる技術」とみている。



2017年05月27日

button_15.jpg  量子ドットLEDディスプレー、BOEが展示

日経テクノロジー 田中 直樹 2017/05/26

 有機EL(OLED)を量子ドットに置き換えた構造を持つ量子ドットLED(QLED)ディスプレーを、中国BOE Technology Groupが学会「Society for Information Display(SID)」(2017年5月21〜26日、米国ロサンゼルス)の展示会で披露した。展示したのは、5型パネルと14型パネルの2種類である。

 QLEDディスプレーは、有機ELと同様に電流を流すと画素が光る自発光型ディスプレーである。有機ELディスプレーに対して、無機物を用いているため信頼性が高く、また発光の色純度が高いために色再現範囲が広いことが特徴であるとする。また、BOE社はQLED層を溶液プロセスで作製しており、蒸着法が用いられている有機ELに対して製造コスト削減や大画面化で有利だとしている。

 今回展示したQLEDディスプレーの仕様は以下の通り。5型パネルは、画素数が320×240、精細度は80ppi、色再現範囲はNTSC比104%である。バックプレーンは低温多結晶Si(LTPS)TFTであり、QLED層はインクジェット法で形成している。14型パネルは、画素数が960×540、精細度は80ppi。色再現範囲は明らかにしていない。バックプレーンは酸化物半導体TFTである。QLED層は5型品と同様にインクジェット法で形成している。
2017年03月28日

button_15.jpg  中国BOE、自発光の量子ドット採用の5型“AMQLED”ディスプレイを開発

2017年3月21日 PC watch

 中国BOE(京東方)は20日(現地時間)、5型の“主動式電致量子点発光”ディスプレイ(AMQLED)を開発したと発表した。

 いわゆる量子ドットを材料に用いたディスプレイ。量子ドットは少数の原子からなる極小半導体で、エネルギーを吸収して発光し、量子ドットの大きさをコントロールすることで発光する色を変えられる。

 現在市場にある量子ドットディスプレイの大半は、液晶の仕組みをベースとしたもので、バックライトに量子ドットフィルムを貼り付けて色域を30%以上高めたものである。

 一方、今回開発されたAMQLEDはAMOLEDと同様の仕組みで、電流を流せば量子ドットが自発光する。有機材料を無機量子ドットに置き換えることで、長寿命、広色域、低コストを実現するという。
有機EL産業に関心のある方、応援クリックを!>>>


有機ELのデバイス物理・材料化学・デバイス応用普及版 [ 安達千波矢 ]

価格:5,184円
(2016/3/22 16:47時点)
感想(0件)

有機EL照明 [ 城戸淳二 ]

価格:2,376円
(2016/3/22 16:49時点)
感想(0件)

有機ELディスプレイ概論 [ 辻村隆俊 ]

価格:3,024円
(2014/10/4 08:25時点)
感想(2件)

ソニー 17型業務用有機ELモニター PVM-1741A

価格:432,000円
(2014/10/4 08:27時点)
感想(0件)

【送料無料】 有機ELディスプレイ / 時任静士 【単行本】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:41時点)
感想(0件)

【送料無料】 トコトンやさしい有機ELの本 B & Tブックス / 森竜雄 【単行本】

価格:1,470円
(2013/8/9 08:42時点)
感想(0件)

有機EL技術と材料開発

価格:4,410円
(2013/8/9 08:46時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】有機ELに賭けろ! 世界的権威が明かす日本企業がサムスンに勝つ方法/城戸淳二【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 08:43時点)
感想(0件)

東芝 65V型有機ELテレビ REGZA(レグザ) 65X910(標準設置無料)

価格:854,950円
(2017/5/23 15:40時点)
感想(0件)

【送料無料】 LG OLED55C6P 有機ELテレビ OLED TV(オーレッド・テレビ) [55V型/ 4K対応/ 3D対応]

価格:368,215円
(2017/5/23 15:38時点)
感想(0件)