◎ 有機EL照明/OLEDディスプレイの詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
💡>>有機ELディスプレイ・製造工程・有機EL照明の動向・コンサルティング
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

◎ 分析工房は、有機EL、有機太陽電池の高純度材料や中間材料の販売を日本の企業・研究機関向けに行っております。海外での委託生産も行っております。下記からお問い合わせ下さい。
💡>>有機EL材料、有機太陽電池の高純度材料
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
  New! 「世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2017」 5月30日発刊!
【有機ELディスプレイのパネル・材料・製造装置・部材などの主要メーカ企業動向をまとめた。韓国・中国などの企業・戦略・サプライチェーン・開発等、最新の海外情報も満載。】

💡詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/764-oledequipment2017.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋
◎ 分析工房は、UBIリサーチ社(UBI Research)の日本語の調査資料を販売しております。日本円での購入が可能です。 💡詳細・ご注文は → 分析工房
2017年10月19日

button_15.jpg  折り曲げられる「iPhone」が2020年に?--LGと提携して開発とのうわさ

Gordon Gottsegen (CNET News) 2017年10月12日

「Face ID」やベゼルレスのスクリーンのことは忘れよう。未来の「iPhone」は曲げられるものになるかもしれない。報道によると、AppleはLG Displayと提携して、将来のiPhones向けに折り曲げられるOLEDディスプレイを開発する意向だという。韓国のニュースサイトThe Bellの報道に基づくThe Investorの記事によると、パネルの生産は2020年に開始される可能性があるという。

 先頃発表された「iPhone X」は、Appleにとって大幅なデザイン変更であり、ユーザーの顔を読み取る前面カメラ、新しいベゼルレスのOLEDスクリーン、ホームボタンの廃止などの特徴を備える。Appleが何年も先を見越して、次の大幅なデザイン変更について考えることは、理にかなっている。そして、折りたたみ可能なスクリーンは、その計画の一部なのかもしれない。

 曲げられるスクリーンを何年も前から試しているサムスンも、折り曲げ可能なスマートフォンの開発に取り組んでいる。The Bellによると、AppleがサムスンではなくLGを提携相手に選んだことは、サムスンから距離を置こうとする試みかもしれないという。

 iPhone XはOLEDスクリーンを採用した最初のiPhoneだが、これを実現するために、Appleは長年のライバルであるサムスンとの提携を余儀なくされた。サムスンは世界1位のOLEDメーカーだ。この提携の結果、 iPhone Xに高性能な新スクリーンが搭載されたが、サムスンはおそらくこの提携から巨額の利益を得るはずだ。そして、iPhone Xが成功を収めれば、サムスンは利益を獲得し続けることができるかもしれない。
2017年10月06日

button_15.jpg  アップルとサムスンが互いを必要とする理由

10/4(水) JBpress

 米アップルとサムスン電子と言えば、スマートフォン市場で熾烈な競争を繰り広げる宿敵同士。2011年に始まった両者の特許係争は、いまだ決着がつかず、2社は今も憎しみ合う関係。その一方で、この2社は、互いに相手を必要とする関係で、良き友人同士でもある。

■ iPhone Xのディスプレーはサムスン製

 こうした、話題をニューヨーク・ポストやザ・バージなどの米メディアが、米ウォールストリート・ジャーナルの記事を取り上げて、伝えている。

 アップルはiPhoneの部品供給でサムスンを必要としており、サムスンはそれにより、巨額の利益を得ている、というのがその理由だ。

 例えば、アップルがまもなく発売するiPhoneの10周年記念モデル「iPhone X」には、iPhoneとして初めてOLED(有機EL)ディスプレーを採用するが、そのディスプレーパネルやメモリーチップは、サムスンの電子部品事業が供給する。

■ 巨額をもたらすiPhone X用部品

 香港の市場調査会社、カウンターポイント・テクノロジー・マーケットリサーチが、ウォールストリート・ジャーナルの依頼で行った調査によると、iPhone Xが1台売れるごとに、サムスンの電子部品事業には、110ドルの売り上げがもたらされる。

 もし、予測どおり、iPhone Xが大ヒット商品になれば、サムスンの部品事業は、自社スマートフォンの旗艦モデル「Galaxy S8」の部品供給で得る金額よりも、多くをアップルから得るという。

 iPhone Xは発売後20カ月で1億3000万台が売れると、カウンターポイントのアナリストは見ている。これまでのiPhoneの年間販売台数が2億台であることを考えると、この予測台数は無理のない数値と言えるのだろう。そして、110ドルにこの台数を乗ずると、143億ドル(1兆6158億円)になる。

 一方、カウンターポイントが推計するGalaxy S8の発売後20カ月の販売台数は5000万台。Galaxy S8が1台売れるごとにサムスンの部品事業は202ドルを得ることから、その合計金額は101億ドル(1兆1412億円)になる。

 つまり、サムスンの部品事業は、Galaxy S8による売り上げよりも、40億ドル(4520億円)多く、iPhone Xから得ることになると、カウンターポイントは指摘している。

■ 「敵でもあり友達でもある関係」

  アップルの資料(年次報告書、Form 10-K)によると、2016会計年度における同社の売上高は2156億4000万ドルだった。このうちiPhoneの売上高は1367億ドルで、売上高全体の63%を占める。

 また、ウォールストリート・ジャーナルが引用した香港の証券・投資会社CLSAによると、サムスンの昨年の売上高は1950億ドルだったが、このうち約35%は、電子部品事業がもたらした。

 アップルにとって、主力製品の部品を供給してくれるサムスンは不可欠な存在。また、サムスンも、その部品事業を成長させるためには、アップルからの受注が不可欠。両社は敵でもあり友達でもある関係だと、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

 カウンターポイントによると、2016年における、サムスン電子部品事業のスマートフォン部品売上高は、サムスンのモバイル部門向けが40%強を占め、アップル向けが約20%だった。しかし、2018年には、アップル向けの比率が拡大し、サムスン向けを上回ると、カウンターポイントは予測している。

小久保 重信

button_15.jpg  「iPhoneX」1台売れればサムスンに110ドル…2年間で140億ドル

10/5(木) 中央日報日本語版

アップルが来月から販売を始める最新スマートフォン「iPhoneX」がサムスン電子の売上高に大きく寄与するという分析が出ている。

ウォールストリートジャーナルは2日(現地時間)、リサーチ専門会社カウンターポイントの研究結果を引用し、「iPhoneXの成功がなぜライバルのサムスンにもよいのか」と題した記事でこのように伝えた。

分析によると、iPhoneXが1台売れるたびにサムスン電子は売り上げが110ドルほど増える。iPhoneXの現地価格は999ドル。iPhoneXの売り上げの10%ほどがサムスン電子に入るということだ。これはサムスン電子が自社の「ギャラクシーS8」で得る利益より大きいという。

具体的にカウンターポイントは今後2年間にアップルがiPhoneXを1億3000万台販売すると仮定した。サムスン側はiPhoneXの核心部品の有機発光ダイオード(OLED)のほか、モバイルDRAM、各種センサーなどを供給している。

iPhoneXが販売される2年間、サムスンは約140億ドルの利益を得ると分析された。同じ期間にギャラクシーS8で生じる利益は100億ドルほどだ。サムスン電子が自社の製品を販売するよりも多くの利益をアップルのiPhoneXから得るということだ。

ウォールストリートジャーナルは、現在サムスンディスプレイが事実上独占的に供給しているOLEDに関し、アップルが2019年からはLGディスプレイから供給を受けることを検討中だと伝えた。
iPhoneXは米国などの1次発売国で11月3日に発売される。韓国での発売日程はまだ決まっていない。
2017年09月22日

button_15.jpg  パネル大手2社が下半期楽観、スマホ全画面化で需要拡大

○2017年9月21日 Y's News

 液晶パネル大手、群創光電(イノラックス)の王志超董事長と友達光電(AUO)の彭双浪董事長がそろって下半期の市況に楽観的な見通しを示した。テレビ、ノートパソコン需要が好調な上、スマートフォンは画面アスペクト比18対9の狭額縁設計インフィニティディスプレイの採用率が来年50%まで上昇すると予想され、従来より面積が広がる分、パネル需要を押し上げる見込みだ。イノラックスは中小型パネル生産ラインがフル稼働となっており、来年下半期に苗栗県竹南の第6世代工場でスマホ用パネル生産能力を2万〜4万枚増やす計画だ。21日付工商時報などが報じた。

 イノラックスの楊弘文モバイル製品事業群総経理は、下半期は例年スマホ、タブレット端末の需要期で、さらにゲーム機向けなどの需要もよいので、中小型パネル生産ラインがフル稼働になっていると話した。

 イノラックスは竹南の第6世代工場で、従来のテレビ用パネル生産を、IT(情報技術)製品(モニター、ノートPC)向けパネルと中小型パネル生産に切り替え、ボトルネック除去で生産能力を1〜2割増やす計画だ。さらに新設備を購入して既存ラインをIPSパネル生産ラインに切り替える。これらにより、生産能力10万〜12万枚のうち、2万〜4万枚をスマホ用パネルに充てる予定だ。

ミドル〜ハイエンド機種に採用

 楊総経理はまた、顧客のスマホブランドがミドル〜ハイエンド機種の大部分にアスペクト比18対9インフィニティディスプレイを採用する計画で、来年の普及率は50%に上ると予測した。イノラックスは今年第4四半期から、アスペクト比18対9の5.7インチのインフィニティディスプレイと、アスペクト比18対9の5.99インチの広色域タッチパネルを出荷する。

 アスペクト比18対9のスマホ用パネルは、従来のアスペクト比16対9よりパネル面積が20%広い。また、インフィニティディスプレイの採用によって、パネルサイズが平均0.5インチ拡大する。ただスマホメーカーにとっては、上方にカメラレンズ、センサーなどを搭載するスペースを残したりと、設計上の難易度が上がる。工程が増える分だけ歩留まり率にも影響しやすい。

中国10.5世代工場、来年景気を左右

 AUOの彭董事長は、上半期はスマホブランドで画面アスペクト比18対9のパネル採用が進まなかったが、最近確定したので、出荷が増えていると話した。AUOは18対9パネルを主に中国・江蘇省昆山市のLTPS(低温ポリシリコン)パネル生産ラインで生産している。

 パネル景気は昨年下半期から好転しているものの、今年7月よりパネル価格が下落し始め、先行きを不安視する見方も出ている。これについて彭AUO董事長は、テレビとノートPCブランドが7月末にすぐさま販促キャンペーンを行ったことで、流通在庫が急速に消化され、需要が回復しているので、第3、第4四半期の設備稼働率は高水準を維持できると語った。

 彭董事長は、年内のパネル景気は悪くなく、来年の景気は、問題がうわさされる中国パネルメーカーの新工場が軌道に乗るかによると述べた。

 中国で第10.5世代工場が増えており、AUOも建設しないのかとの質問に対し彭董事長は、第10.5世代工場は1台湾元(約3.7円)の投資に対し生み出す売上高は0.3〜0.4元で割に合わないと語った。台湾メーカーは中国や韓国、日本のような政府の強力な支援がないので、AUOは「スマート投資」を追求していると述べた。AUOは毎年100億元を投じて既存の生産ラインの付加価値向上を図ることで、5年で売上高600億元を創出できると語った。
2017年09月20日

button_15.jpg  Samsungの折りたたみスマホは来年に到来か。実用…的?

9/19(火) ギズモード・ジャパン

新しいガジェットって、ただ見た目が優れているだけのものも結構ありますよね。美しいデザインと、閃光のごとく現れた感プンプンで新技術をアピールし、「欲しいなぁ」なんて思わせてくれるわけですが、ただ私たちが本当にそのガジェットを必要としているかどうかはまた別の話です。今まさにそんな類のガジェットが仲間に加わりそうな予感がしますよ。

Bloombergによると、先日Samsung(サムスン)のモバイル事業代表のKoh Dong-Jin氏が「Samsungは来年に折り曲げ可能なディスプレイ搭載のスマホをリリースする予定である」ということを明らかにしました! まだまだ、技術的に直面している課題がいくつかあるようで、実際のユーザー向け製品の開発過程に関してはベールに包まれていますが、これはもしかしてGalaxy Noteシリーズに採用される技術なのかもしれませんよ?

「事業の代表として言わせてもらうと、目標は来年です。いくつか抱える問題をクリアできれば、その製品をリリースするでしょう」と語るKoh氏。そういえば、Samsungは2013年にも初の屈曲式有機ELディスプレイの試作品を披露しており、「Youm」と呼んでいましたね。つまり、当時抱えていた問題を解決するために、この技術に数年も取り組んでいたということです。もう出るんじゃないかという予測や噂が、数年間行ったり来たりしていました。

当時も試作品と思われるものの動画がネット上で出回っていましたよね。それら試作品は、化粧用コンパクトのような殻のような形のものから、収納式スクリーンやタブレットサイズに拡張する折りたたみ式モデルまでいろいろありました。

どれも、ゴツゴツしている印象だったんですが、Bloombergの報道によると、折りたたみ式のモデルが、今Samsungが取り組んでいる有力なアイデアなのだそうです。

ただ、歴史的に見て、折りたたみ式の携帯電話はもはや少し古すぎるんじゃないかとも思うんですよ。いまスマホはベゼルを取り除いたフルタッチスクリーンに移行してきているわけで、Samsungが最近投入した懐かしの折りたたみ式携帯だって、その背景があるからこそ「レトロ」に見えるわけですよね。

そう考えると屈曲式ディスプレイは、このコンセプトに新しい息吹をもたらしてくれるか、もしくはちょっとしたまやかし程度で終わることになるかのどちらかなのかもしれません。プロダクトって、複雑なコンセプトに基づくものの、ユーザーの利便性を向上させるような具体的な利用シーンが想定されていないと、シンプルさのほうがむしろ魅力的だったりもしますからね。

それに現行のスマホが、パワー面でもディスプレイサイズでもかなりタブレットと近くなってきていますので、タブレット市場もすでに頭打ちですし。そう思うと、改めて消費者を惹きつけるにはなかなかハードルが高い気もしますよね。

また、現行のほとんどのスマホは、私たち人類の最大の敵でもある「水」と「尖った角」には必ずしも太刀打ちできるとは言えません。昔の折りたたみ式のガラケーのほうが実は耐久性には優れていたなんてデータもありますが、それは単に小さくて、ガラスではなくプラスチックケースに包まれていたからでしょう。今回のような柔らかくて曲がるディスプレイが、現行のスマホよりもどれくらいのダメージに耐えうるかが、私たち消費者の購買決定において最も重要な要素となるのかもしれません。

以前にSamsungによって披露されたいくつかの試作品を見る限り、この手のデバイスがテーブルからポロっと落としたときに、致命的な損傷を避けられるとはどうも思えないんですよね…。表と内側両方にスクリーンを持つものもあるんですよ? それに、ディスプレイのちょっとしたヒビも、フレームを一緒に折り曲げることで、一瞬で全体に広がってしまうんじゃないかとも考えちゃいますし。

ただ、コンセプトはかなりカッコいいんですよね。だからこそ、次はこのコンセプトをただのギミック以上のものに進化させてくれることを期待しています。Samsungは開発にまた数年費やすのかもしれませんが、この技術がモバイルテック業界の進む新たな道筋になることを願って…。

Image: Samsung
Source: Bloomberg, YouTube, Engadget, Business Insider, WIRED UK, ZDNet

Tom McKay - Gizmodo US[原文]
(Doga)
2017年09月14日

button_15.jpg  韓経:iPhoneX、開けてみれば「メイド・バイ・サムスン・LG・SK」

9/14(木) 中央日報日本語版

「アップル『iPhoneX』の販売価格と供給量は有機ELを単独供給するサムスンディスプレーにかかっている」。

台湾KGI証券アナリストのミンチ・クオ氏が7日に配布した報告書の要旨だ。サムスンディスプレーがどの程度の価格でどれだけ多くの有機ELディスプレーを供給するかによりiPhoneXの販売が大きな影響を受けるという分析だ。

アップルが現地時間12日に公開したiPhoneXは過去のiPhoneシリーズに比べ韓国製電子部品の依存度が高まった。有機ELだけでなくユーザーの顔を認識してロックを解除するカメラなどiPhoneXの革新機能の大部分が韓国製電子部品を基盤としたものだった。iPhoneXが多く売れれば最も大きな恩恵を得る国のひとつが韓国という観測が出てくる理由だ。

まずアップルがiPhoneの象徴だった前面下部のホームボタンをなくして導入したフレキシブル有機ELパネルはすべてサムスンディスプレーが供給している。サムスン電機、BH、インターフレックスなどサムスンディスプレーの協力会社も大挙納品契約を獲得している。これら企業はiPhoneXにフレキシブルプリント基板(PCB)を大量供給する。フレキシブル有機ELには固いPCBの代わりに曲げられるフレキシブルPCBが必要だが、アップルとしてはこれら企業以外に他の選択肢がなかったという分析だ。ユーザーの顔を認識するiPhoneXのトゥルーデプスカメラと裏面のデュアルカメラはLGイノテックが生産する。

また、最大256ギガバイトに達するiPhoneXのメモリー容量は韓国の半導体メーカーの3次元(3D)NAND型フラッシュを活用したものだ。各種電子部品であふれたスマートフォン内部で保存容量を増やすにはメモリーを垂直に積まなくてはならないが、これは3DNANDでだけ可能だ。サムスン電子とSKハイニックスはiPhoneXに使われる3DNANDの60%ほどを供給する。バッテリーはLG化学とサムスンSDIが日本と中国のメーカーとともに供給している。サムスンSDIはiPhoneXのディスプレーに使われる有機EL粒子も製造する。韓国の中小企業NDフォスもiPhoneXに防水・防塵用テープを納品している。

アップルは伝統的に単一部品にさまざまな供給元を置いて競争させる「マルチベンダー」方式を好んできた。だが今回有機ELディスプレーとトゥルーデプスカメラはサムスンディスプレーとLGイノテックが単独で供給する部品だ。アップルは供給元を追加で確保するためにシャープなど他の企業に設備だけでなく研究開発資金まで一部支援したが、希望する水準に合う部品を得るのに失敗したという。電子業界関係者は「部品性能が高まるほどアップルの要求条件に合わせられる企業を探すのが難しくなっている。韓国企業に対するアップルの依存度はますます高まるだろう」と話す。

来年にはバッテリーでもマルチベンダー戦略を断念するものとみられる。形をL字形にしてスマートフォンの内部空間の効率を最大化するバッテリーを採用する計画だが、これはLG化学だけが量産できるためだ。

button_15.jpg  これは安心。「iPhone X」では有機ELディスプレイの焼付き防止機能がある

2017.09.12 GIZMODO

有機ELで気になるのはやっぱりこれ。

上下いっぱいに広がった有機ELディスプレイを搭載すると噂される「iPhone X(iPhone 8)」ですが、気になるのがディスプレイの焼付き。高価なiPhone Xのディスプレイが汚くなってはシャレではすみません。でもありがたいことに、iPhone XとiOS 11の組み合わせでは画面の焼付きを防ぐ機能が搭載されているようなんです。

9to5Macが紹介しているこの機能は、流出した「iOS 11 GM版」(最終開発版)から判明しました。コードを見ると、iPhone Xでは「Burnin-mitigation(焼付き緩和)」という機能が利用できるようですね。コードからは具体的にどのようにして焼き付きを緩和するのかは不明ですが、対策が取られているならひと安心。

有機ELディスプレイでは長時間同じ表示を続けていると発生する「焼付き」。これは画面をオフにしたり切り替えたりしても「前画面がうっすらとディスプレイに見える現象」です。初期の有機ELディスプレイを搭載した端末は顕著でしたが、最近の有機ELディスプレイでは対策が進んだのか、あまり焼付きの話題は聞かなくなっている印象です。

iPhone Xは最小容量モデルでも999ドル(約11万円)もする高額な端末になるとの予測があります。その原因は、搭載されるSamsung製の有機ELディスプレイのコスト…とも。Apple(アップル)としてもユーザーとしても、高価なディスプレイの焼付きは防ぎたいところですが、あまり心配する必要はなさそうですね。

Image: BARS graphics/Shutterstock.com

Source: 9to5Mac

(塚本直樹)
2017年09月11日

button_15.jpg  「18:9ディスプレイ」「デュアルカメラ」「AI対応チップ」 IFA 2017で見えたトレンド

9/10(日) ITmedia Mobile

 9月1日から6日(現地時間)の6日間に渡り、独ベルリンで、世界最大の家電関連見本であるIFAが開催された。IFAのオープニングカンファレンスで、会場となるメッセ・ベルリンのCEO、クリスチャン・ゲーケ氏が語っていたように、IFAの展示は、「Ready to market」(市場に出る直前のもの)で構成される。「ここで見て、クリスマス商戦で買える」(同)というように、市場と直結しているのが最大の特徴だ。

 もともとは放送機器の展示会だったIFAだが、近年は家電やITを取り込み、AndroidやiPhoneが登場して以降は、クリスマス商戦に向け、グローバルメーカーが最新モデルを発表する重要な場になっている。例えば、ソニーモバイルはXperiaの最新モデルである「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」などを発表。今は独自イベントに切り替えてしまっているが、サムスン電子のGalaxy Noteシリーズは、以前はIFAでお披露目されていた。

 日本への影響という意味では、年末商戦から春商戦までを占ううえで、欠かせない展示会になっているというわけだ。このIFAで見えてきた、スマートフォンの最新トレンドをここにまとめた。日本市場への影響も、合わせて考察していこう。

●18:9のディスプレイはミッドレンジへ拡大、iPhoneも採用か

 2月にスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congressで、LGエレクトロニクスが18:9のディスプレイを搭載した「G6」を発表したのを皮切りに、スマートフォンが“縦長”になろうとしている。同様のコンセプトは、Samsung Electronicsも採用。日本でも発売された「Galaxy S8」「Galaxy S8+」には、それよりももう少し縦に長い、18.5:9のInfinityディスプレイが売りとなっている。このInfinityディスプレイは、8月に米ニューヨークで発表された「Galaxy Note8」でも踏襲されている。

 LG、Samsungともに、この比率のディスプレイはスマートフォンのスタンダードになると考えており、フラグシップモデルへの採用を続けていくようだ。IFAでは、まず、LGがクリスマス商戦向けに「LG V30」を発表した。LG V30は、Snapdragon 835を搭載したハイエンドモデル。18:9という比率はG6と同じだが、有機ELという点が大きな違いだ。

 有機ELの持つ応答性の高さを生かし、G6では非対応だったGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」も利用できるようになる。LG V30の発表会には、GoogleのVR/AR担当もゲストとして登壇。「LGとのパートナーシップにより、日韓でDaydreamを推進していく」と語っていたため、このモデルは、日本でも発売されることになりそうだ。一方で、同社はミッドレンジモデルにも18:9のディスプレイを搭載し始めている。LGのブースには、欧州で発売になったばかりの「LG Q6」を展示。同端末のプロモーションを会場内で行うなど、アピールにも余念がない。

 同様に、IFAではローエンドやミッドレンジを得意とするメーカーが、続々と18:9のディスプレイを採用しているのが印象的だった。中でもインパクトがあったのが、日本でSIMロックフリースマートフォンとして「Tommy」を発売したフランスメーカーのWiko。同社は「VIEW」シリーズとして、一挙に3機種のミッドレンジスマートフォンをIFAに合わせて発表した。

 価格は最上位モデルとなる「VIEW PRIME」でも、269ユーロ(9月8日時点のレートで約3万4924円)。もっとも安価な「VIEW」に至っては、179ユーロ(約2万3239円)だ。欧州の一部に端末を展開する中国メーカーのZopoも、18:9のディスプレイを搭載した「P5000」などをIFAに出展。さらには、中国の家電メーカーであるHisenseも、18:9のディスプレイが特徴となる「Infinity H11」をIFAに合わせて発表している。

 いずれも日本での発売は未定だが、これらの発表からは、安価な端末を作る中国メーカーにも、18:9の液晶パネルが供給され始めたことが分かる。フラグシップモデルのように有機ELを搭載し、コントラストや応答性を高めるというわけにはいかないが、普及台数を拡大するうえで、手ごろな価格の端末にこのアスペクト比が広がるインパクトは大きい。Wikoのように、日本に参入しているメーカーも含まれているため、SIMロックフリースマートフォンとして導入される可能性は高い。

 また、主にiPhone、iPad向けの周辺機器を展示するiZoneでは、次期iPhone向けのケースやディスプレイ保護ガラスが、Appleの発表に先駆け出展されていた。ここでは、「iPhone 8」や「iPhone X」などとウワサされる製品向けの周辺機器が中心だったが、複数メーカーの話を総合すると、このiPhone 8もしくはiPhone Xも、ディスプレイは18:9に近い比率になるという。Androidに続き、iPhoneへの採用も決まれば、トレンドが大きく動く。スマートフォン全体の縦長化がさらに加速し、近い将来、今の16:9のように、18:9のディスプレイがスタンダードになる可能性もありそうだ。

●各社模索の続くデュアルカメラも、ミッドレンジへの搭載が進む

 18:9のディスプレイと並び、もう1つのトレンドになっているのが「デュアルカメラ」だ。デュアルカメラはHuaweiが早くから搭載してきたが、ライカと共同開発を行った「P9」が高く評価され、その後継機である「P10」「P10 Plus」や、大画面モデルである「Mate 9」にもこれが採用されている。Huaweiのデュアルカメラは、モノクロセンサーで精細な画像を撮りつつ、そこにカラーセンサーで色づけしていくというのが技術的な特徴だ。2つのカメラで深度を記録し、一眼レフのように背景をボカした写真が撮れるのも、デュアルカメラのメリットといえる。

 一方で、AppleもiPhone 7 Plusでデュアルカメラを採用した。Huaweiとはアプローチが異なり、広角と望遠のカメラを切り替え、疑似的に光学ズームを実現するというのが、iPhone 7 Plusのデュアルカメラだ。同様の手法はASUSも採用しており、「ZenFone Zoom S」や、8月に発表されたフラグシップモデルの「ZenFone 4」シリーズにもデュアルカメラが搭載された。

 Snapdragonなどのプロセッサがデュアルカメラを標準でサポートしていることもあり、IFAでもデュアルカメラを搭載したスマートフォンは、数多く発表された。LGは2016年、ドコモやauから発売された「V20 PRO」と同様、LG V30も広角撮影が可能なデュアルカメラに対応。先に挙げたWikoのVIEW PRIMEもその1つで、同モデルはインカメラがデュアルカメラになっており、セルフィー利用時に背景をボカしたポートレートを撮影できる。ALCATELとBlackBerry、2つのブランドの端末を手掛ける中国のTCL Communicationも、片側がモノクロセンサー(200万画素)の「alcatel A7 XL」を発表、IFAのブースに端末を展示した。

 さらに、LenovoもMotorolaブランドでデュアルカメラ搭載モデルを発表している。同社は「Moto X4」を、IFAに先立って開催されたプレスカンファレンスで公開。Moto X4は、ミッドレンジ上位のMoto Xシリーズに属するモデル。通常のカメラに加え、120度の広角撮影が可能なカメラを搭載し、2つを切り替えて使うことが可能だ。他のデュアルカメラを採用したスマートフォンと同様、深度を測定して、背景をボカしたり、被写体の一部にだけ色を付けたりできる機能を用意した。

 18:9のディスプレイと同様、デュアルカメラもハイエンドモデルの独壇場ではなくなってきたというのが、IFAの展示を見渡したときの印象だ。ミッドレンジモデルの中でも、特にカメラをアピールしたい機種では、今後はデュアルカメラ搭載が当たり前になっていくだろう。ただ、メーカーや機種ごとに、そのアプローチは異なる。ズームのように使う機種もあれば、広角撮影用に使う機種もあり、どれが主流になるかは定まっていない。Wikoのように、セルフィー用のインカメラをデュアルカメラ化するメーカーもあり、各社とも、まだその使い方を模索している印象を受けた。

●HuaweiはAI対応チップをアピール、Mate 10も発表予定

 IFAでは新製品の発表がなかったHuaweiだが、同社のコンシューマー・ビジネス・グループCEO、リチャード・ユー氏が基調講演に登壇。「スマートフォンはもっとインテリジェントになる必要がある」と語り、AIの処理に特化したNPU(Neural-network Processing Unite)を搭載した、「Kirin 970」を発表した。AIや機械学習は、IT業界全体でトレンドになっている技術。Kirin 970は、これをクラウド側ではなく、端末側で高速に処理できるのが特徴だ。

 ユー氏によると、そのメリットは「高速化」「低消費電力化」「高セキュリティ」の3つにあるという。ネットワークを介さず端末内で処理を行うことで、結果を迅速に得られることに加え、消費電力も抑えられ、しかもデータをクラウド側に送る必要がないため、プライバシーの観点からも安心できるというわけだ。

 基調講演では、CPUとNPUで画像認識を行った際のスピードの違いや、消費電力量の差をユー氏がアピール。AIを用いた結果、カメラが自動でシーンを認識する速度や精度も上がるといい、撮影性能の向上にも期待ができる。

 Kirin 970は統合チップで、CPU、GPU、NPUのほかに、LTEモデムも内蔵されている。このモデムは、カテゴリー18のLTEに対応。LTE Advanced Proとして、下り最大1.2Gbpsの速度を実現する。1.2Gbpsは、4×4 MIMO、256QAM、3波のキャリアアグリゲーションを組み合わせることで達成される。基調講演では、このプロセッサを搭載したMate 10が、10月16日(現地時間)に独ミュンヘンで発表されることも明かされた。

 Huaweiが先駆けて発表したAI対応をうたうプロセッサだが、業界全体を見ると、これに取り組んでいるのは同社だけはないことが分かる。QualcommもSnapdragon 835発表時に、DSP(Digital Signal Processor)が(ディープラーニングのフレームワーク)「Caffe」や「TensorFlow」の処理に対応していることを明かしており、同プロセッサのキックオフイベントでは、実際に画像処理を行うデモを公開している。

 Appleが、AI処理に優れたチップを開発しているというウワサも絶えない。iPhoneでは、画像の人物認識などを端末内で行っており、次期iPhoneで、この機能が強化される可能性もある。うがった見方をすると、Mate 10の発表がIFAや次期iPhoneの登場に間に合わないため、Appleへの対抗策として、先にプロセッサだけを披露してしまったと受け取ることもできる。

 いずれにせよ、スマートフォンの端末側でAIをいかに素早く、効率的に処理するかは、スマートフォン全体のトレンドになりつつある。Bixbyを搭載するGalaxy Note8や、ユーザーの利用動向を学習するXperia XZ1、XZ1 Compactなど一部を除けば、IFAではこの機能に焦点を当てたスマートフォンは少なかったが、Huaweiの基調講演で業界全体の方向性を示せた格好だ。ユー氏が「スマートフォンのスマートさはまだ十分ではない」と語っていた通り、スマートフォンは成熟期を迎えつつあるといわれる一方で、進化の余地は、まだ大きく残されているようにも感じた。
2017年09月08日

button_15.jpg  新iPhoneの価格は韓国が決める? 有機ELパネルなど供給

9/8(金) 聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】米アップルが12日にスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新モデルを発表するが、「iPhone8」になるとみられる高価格機種についてサムスン電子をはじめとする韓国メーカーが実質的に販売価格を決定するとの見方が出ている。さまざまな先端機能のために搭載される有機ELパネル、NAND型フラッシュメモリーチップ、プリント基板、デュアルカメラモジュールなどの多くを韓国企業が供給しているためだ。

 関連業界によると、「8」にはデュアルカメラやフレキシブル有機ELディスプレーなどが搭載され、容量が最も少ない32ギガバイト(GB)モデルが999ドル(約11万円)程度と、647ドルで発売された直前モデル「iPhone7」に比べ50%以上高くなる見通しだ。製品のスペック向上、最近の半導体メモリーやディスプレーパネルの値上がりが主因と分析される。

 実際、スマホ向けNAND型フラッシュメモリーの価格は、広く使われる128ギガビット(Gb)基準で今年に入り37%跳ね上がった。iPhoneに使用されるNAND型フラッシュメモリーは、今年1〜3月期の世界シェアが36.7%に達するトップメーカーのサムスン電子、11.4%でシェア4位の韓国・SKハイニックスからの供給が多いとされる。

 また、世界のスマホ向け有機ELパネルの供給はサムスンディスプレーが事実上、独占状態にある。「7」に搭載された液晶パネルと比較すると、有機ELパネルの平均販売価格は2倍程度に達するとされ、メモリーと同じく「8」の価格上昇の大きな要因となりそうだ。

 このほか、「8」に搭載されるデュアルカメラのモジュールは韓国のLGイノテックが多くを生産しており、サムスン電機と韓国中小メーカーが製造するスマホ向けプリント基板も「8」に使用されると伝えられた。

 業界関係者は「近ごろアップルやサムスン、LGなどのスマホメーカーがハードウエアのスペックで差別化を図っており、部品コストが大きくのしかかっている」と説明。「スマホ部品の技術力で韓国企業が先行しているため、iPhoneだけでなく他企業(のスマホ)に対する影響力が大きくならざるを得ない」と話している。
2017年09月07日

button_15.jpg  iPhone8が9月22日発売見込み、当初は極端な品薄状態か

○9/6(水) マネーポストWEB

 香港上場のアップル関連銘柄の一部が急騰している。たとえば、カメラ・モジュールを供給する高偉電子(01415)の株価は9月4日、21.7%高の5.16香港ドルで引けており、8月28日から62.3%上昇している。

 ウォール・ストリート・ジャーナルは8月28日、アップルが9月12日に新製品発表会を開くと報じている。その後、アップルも正式に同日、イベントを開催すると公表している。業界関係者の予想では、予約開始は15日、発売開始は22日とみられる。今回の新製品では、iPhone発売10周年を記念し大幅な機能変更が行われることから、関連銘柄への業績拡大期待が高まり、株価が上昇したとみられる。

 今回の新製品は、新型のiPhone8(仮称)に加え、前モデルのiPhone7、iPhone7 Plusのマイナーチェンジモデルの計3種類となりそうだ。

 ディスプレイは、画質感、節電能力の高い有機ELを使う。表示面積を最大にするために、縁取り部分を従来よりも細くし、ホームボタンと共に下部の余白部分を無くす。更に上部の余白部分も無くし、前面カメラなどは筐体部分に配置される。スピーカー、センサーなどは上部に配置される。ホームボタンに関しては仮想化で対応し、指紋認証ではなく、3D顔認証を採用する。そのほか、別売の付属品を買うことでワイヤレス充電が可能となり、AR(拡張現実)メガネを買うことでAR映像を楽しむこともできる。

 一方、価格はこれまでの製品と比べて高く、1000米ドルを超えると予想されるが、見た目にも、機能的にも大幅な変更となるため、人気化するのは必至であろう。

 しかし、iPhone8発売には大きな問題がある。量産が間に合わない。マスコミが伝えた生産元となる鴻海科技集団などからの情報によれば、サムスン電子が供給できる有機ELには限度があり、9月末までに生産できる台数は500万台未満となりそうだ。当初は極端な品不足となりそうだ。

 もっとも、生産体制は比較的短期間に整う見込みで、2017年10-12期は3000万〜3500万台、2018年1-3月期は4000万台の供給が可能となるようだ。

 イギリスのIHSマークイット社調べによれば、全世界における2017年4-6月期のスマホ出荷台数は7%増の3億5090万台(速報値)。第1位はサムスン電子で3%増の7940万台、第2位はアップルで2%増の4100万台、第3位は華為で20%増の3850万台、第4位はOppoで39%増の3050万台、第5位はVivoで45%増の2390万台、第6位は小米で52%増の2320万台である。

 この時点では上位2社のサムスン電子、アップルは低い伸び率に留まっており、3位から6位にかけての中国勢が急速に追い上げている。しかし、9月にアップルが新製品を発売、サムスン電子も新製品「Galaxy Note 8」の投入準備を進めている。後者については大型の有機EL画面で、高性能CPU、高解像度デュアルカメラを使用するなど、前機種Note7と比べレベルアップしている。Note 7が発火問題で大きな混乱を引き起こしたことから、サムソン電子は巻き返しに必死である。こうした2社の動きに、中国勢が急ピッチで追従することで、スマホ市場は今後大きく活性化されるであろう。

 冒頭部品メーカーの株価がアップル関連の中でも特に大きく上昇しているのは、台湾メディアが8月28日、「iPhone8に搭載されるカメラ・モジュールをAppleが大量に確保しようとしている」と報じたからであろう。関連メーカーの中では、株価の動きに差があるものの、今後、業界全体で性能の向上による単価上昇、販売台数の増加が見込まれ、ここ1年の期間で考えれば、多くのアップル関連、スマホ関連銘柄の株価は市場平均を超えて推移することが予想される。

 アップル関連は、中国、台湾ばかりではない。日本株でも、アップルサプライヤーを中心に、3D顔認識、ワイヤレス充電など関連メーカーは多く、株式市場でも注目を集めるだろう。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサル ティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。ブログ「中国株なら俺に聞け!!」、メルマガ「週刊中国株投資戦略レポート」も展開中。
2017年08月30日

button_15.jpg  新型「iPhone」、9月12日に発表イベント開催か

8/29(火) CNET Japan

 「iPhone」2017年モデルの発表は米国時間9月12日になると、The Wall Street Journal(WSJ)が報じている。

 同紙は、「事情に詳しい」匿名情報筋らの話として、Appleは3種類の新型iPhoneを発表すると報じている。記事によると、Appleは、新キャンパス「Apple Park」のSteve Jobs Theaterでイベントを開催する可能性があるという。

 9月12日という日程はこれまでにも報じられており、Appleが過去数年間に新型iPhoneを発表してきた9月上旬という恒例の時期に一致する。

 おそらく3種類の新型iPhoneが発表されるという情報も、ここしばらく駆け巡っている憶測に一致する。「iPhone 7S」とそれよりも大型の「iPhone 7S Plus」(それぞれ外観は2016年の前世代版に似ているが、内部の仕様がアップグレードされている)に加えて、新しいハイエンドモデルの「iPhone 8」が発表されると広く予想されている。

 iPhone 8と呼ばれているのは(現時点では名称はすべて根拠のない仮称だ)、新しいハイエンドモデルで、ベゼルのない前面のほとんどを大きな有機EL画面が覆い、指紋センサ「Touch ID」の代わりに新しい顔認証機能が搭載されるとうわさされている。製造台数は少なく、価格は1000ドルにものぼると予想されている(さらに高額になる可能性もある)。
2017年08月19日

button_15.jpg  「iPhone8」発売で、恩恵を受ける部品メーカーはどこ?

8/17(木) ZUU online

早ければ9月にも発売が見込まれると噂されるアップルの新型スマートフォン、iPhone8への期待が高まっている。内外のメディア(8月14日付の投資快報、iPhone Maniaなど)ではiPhone8の概要について、次のように予想している。

まず、ディスプレイには画質感、節電能力の高い有機ELを両面に使う。表示面積を最大にするために、縁取り部分を従来よりも細くするとともに、ホームボタンを無くす。ディスプレイ頂き部分にスピーカー、センサーを配置する。ちなみに、ホームボタンに関しては仮想化で対応し、指紋認証ではなく、顔認証を採用する。

そのほか、別売の付属品を買うことで無線充電が可能になり、AR(拡張現実)メガネを買うことでAR映像を楽しむことができる。一方、価格はこれまでの製品と比べて高く、1000米ドルを超える……。

しかし、残念なことに、現段階では量産ができず、そのため、評判の高い昨年モデルであるiPhone7、大画面で高級機種であるiPhone7Plusのマイナーチェンジ製品も投入するようだ。

KGI証券のレポートでは、9月に発売されるだろう新製品は、iPhone8、iPhone7s、iPhone7sPlusの3種類で、年内のiPhone8生産台数は4500~5000万台、iPhone7sは3500~3800万台、iPhone7sPlusは1800~2000万台と予想している。ただし、iPhone7s、iPhone7sPlusは既に量産段階に入っているが、iPhone8については8月末に製品の最終テストを行い、量産開始は9月中旬以降になりそうだと指摘している。第3四半期の段階で生産台数は200~400万台に留まる見通しで、発売当初は極度の品薄状態となりそうだ。

■アップル、サムスン電子の新製品発売でスマホが劇的に変化

ここで足元のスマホ業界の現状を確認しておこう。
イギリスのIHSマークイット社調べによれば、2017年第2四半期のスマホ出荷台数は7%増の3億5090万台(速報値)。第1位はサムスン電子で3%増の7940万台、第2位はアップルで2%増の4100万台、第3位は華為で20%増の3850万台、第4位はOppoで39%増の3050万台、第5位はVivoで45%増の2390万台、第6位は小米で52%増の2320万台である。

こうしてみると、上位2社のサムスン電子、アップルは低い伸び率に留まっており、3位から6位にかけての中国勢が急速に追い上げていることがわかる。しかし、アップルが9月に新製品を投入することで第3四半期、第4四半期のシェアは大幅にアップするはずだ。

一方、トップのサムソン電子もiPhone8に対抗する新製品「Galaxy Note 8」の投入準備を進めている。8月23日に新製品の発表会を行い9月以降、アップルよりも早く発売を開始しようとしている。上位2社による新商品の販売競争によって今後、世界のスマホ出荷台数は大きく伸びると予想される。

今回のiPhone8は技術的に大きな進化がみられる。アップルに強烈な対抗意識を持つサムスン電子も、iPhone8に劣らず最新技術を搭載した新製品を出してくるだろう。今後、この両製品が標準となり、中国の後続メーカーは自社製品のレベルアップを進めることになる。2017年9月はその前とその後ではスマホの質的な面で大きな差が生まれる。具体的には、有機EL、AR、VR、3D、無線充電、ダブルレンズが標準になるだろう。

アップルや、サムスン電子が新製品の開発競争を繰り広げることで、新しい機能が市場全体に拡散していく。アップルは自社で生産することはなく、部品から組み立てに至るまで外注に頼っている。外注先はアップルの厳しい品質基準を満たすことで、高い技術を獲得することができる。

どの外注先も、アップル1社だけに製品を供給しているわけではない。アップルは自社製品の品質を高めれば高めるほど、ちょっとしたタイムラグで競合他社メーカーにその差を詰められることになる。サムスン電子もアップルほどではないが、外注先を多く使うという点では同じである。こちらも、部品メーカーの強化を通じて、競合他社の台頭に一役買っている。

■スマホ業界の中国化は不可逆的な動き

スマホにおける世界最大の消費市場は中国であり、その消費地に密着する形で多数のスマホメーカー、部品メーカーがひしめき合っている。スマホ生産の中国化は不可逆的な動きとなっている。

投資家の立場から言えば、スマホ関連、特に部品メーカーは「有望」といった見方ができるのだが、足元でスマホ関連銘柄が大きく買われているかといえば、まちまちである。たとえば、香港市場に上場、カメラモジュールを供給する舜宇光学科技(02382)の株価は8月15日現在、105.3香港ドル(終値)で6月30日の終値と比べ、50.4%上昇している。

しかし、音響、振動部品を供給する瑞声科技(02018)の株価は同じ時期に18.6%しか上昇していない。本土上場では、SIMカードを供給する恒宝股フェン(002104)の株価は8.8%、リチウム電池を供給する深セン市徳賽電池科技(000049)は6.2%上昇に留まっている。

舜宇光学科技は、レンズ技術といった比較的参入障壁の高い分野に業務を集中させており、スマホのダブルレンズ化、自動車向けの急増といった特殊要因が加わり、急成長している。2017年6月中間期業績は69.8%増収、149.2%増益を達成しており、足元の好業績が株価を大きく押し上げている。

■日本メーカーは台頭する中国スマホメーカーの攻略が課題

本土上場企業の中には、ここで挙げた企業のほかに、OLED関連の深天馬A(000050)、京東方A(000725)、精密加工の大族激光(002008)、指紋認識の欧菲光(002456)、3Dガラスの藍思科技(300433)、防水材料の長盈精密(300115)、各種部品の蘇州安潔科技(002635)、音響機器、VR用メガネの歌爾(002241)、リチウム電池の当升科技(300073)など、広範な領域で将来有望な企業が育っている。

こうしたメーカーは将来、業績が大きく変わる可能性がある。ちなみに、日本企業もアップル製品へのサプライヤーは存在するが、かつてほどのシェアはなくなっている。日本企業の技術力が高いのは確かだが、世の中に真似のできない技術は存在しない。中国スマホメーカーに対して、「如何にして、コスト面、開発協力面などを含めて総合的な営業力を高めるか」が日本の部品メーカーの課題だろう。

アップル製品最大の組み立てメーカーである鴻海精密工業は1月22日、アメリカで液晶パネル工場建設を検討していると発表した。シャープと共に工場建設を行い、投資額は70億ドルを超えるとしている。もし、アメリカでサプライチェーンの構築を含め、十分な生産体制を築くことができるとすれば、アメリカの製造業に大きなインパクトを与えることができるだろう。ただし、ここまで中国企業が台頭してしまった現在、それを実現させるのは容易ではない。

田代尚機(たしろ・なおき)
TS・チャイナ・リサーチ 代表取締役
大和総研、内藤証券などを経て独立。2008年6月より現職。1994年から2003年にかけて大和総研代表として北京に駐在。以後、現地を知る数少ない中国株アナリスト、中国経済エコノミストとして第一線で活躍。投資助言、有料レポート配信、証券会社、情報配信会社への情報提供などを行う。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。東京工業大学大学院理工学専攻修了。人民元投資入門(2013年、日経BP)、中国株「黄金の10年」(共著、2010年、小学館)など著書多数。One Tap BUY にアメリカ株情報を提供中。
2017年07月18日

button_15.jpg  有機EL版iPhone8、量産は来年か

2017年7月17日 Y'sニュース

 アップルのスマートフォンiPhone10周年モデルとなるiPhoneは、組み立てを担う鴻海精密工業、和碩聯合科技(ペガトロン)の歩留まり率がまだ量産可能な水準に達していないもようだ。液晶パネル搭載モデルiPhone7sの全面量産は8月へと例年より1〜2カ月遅れ、有機EL(OLED)パネル搭載モデルのiPhone8は11〜12月にやっと少量生産に入れる見通しだ。iPhone8発売による史上最大規模のスマホ買い替え商機は、来年に持ち越される可能性がある。17日付経済日報などが報じた。

コスト4割増、価格4万元も

 業界関係者は、今年は4.7インチ、5.5インチ液晶パネル搭載のiPhone7s、iPhone7sプラスがアップルの主力製品となり、有機ELパネル搭載iPhone8は「華を添えるだけ」と予測し、大量供給はできないとの見方を示した。

 米誌ファスト・カンパニーによると、有機ELパネル搭載iPhone8の生産が困難な理由は、ワイヤレス充電、3Dセンサー機能搭載に関するソフトウエアの問題だ。

 メリルリンチがアップルのアジアのサプライヤーを調査したところ、有機ELパネル搭載iPhone8は設計が大幅に変更されており、コストは現行機種のiPhone7より40%増えることが分かった。iPhone8はエントリーモデルでも4万台湾元(約15万円)近く、歴代のアップルスマホのうち最も高価な機種となりそうだ。

 メリルリンチは、アップルの今年第3四半期のiPhone出荷予想を1,100万台、第4四半期は600万台に下方修正し、来年第1四半期は1,000万台に引き上げた。

 アナリストは、高価格かつ発売遅延があっても販売台数自体に影響は出ないとみている。ただ、下半期にはサムスン電子や華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)などのフラッグシップモデルが勢ぞろいするため、ユーザーが来年までiPhone購入を待ち切れない可能性もある。

サプライヤーQ4売上高に打撃

 有機ELパネル搭載iPhone8の量産が欧米の年末商戦に間に合わなければ、サプライチェーンの今年の売上高に影響が出る恐れがある。

 有機ELパネル搭載iPhone8は、出荷全体の95%を鴻海が組み立て、ペガトロンはごく一部を担当するもようだ。4.7インチ液晶パネル搭載iPhone7sはペガトロンが65%を受注し、5.5インチ液晶パネル搭載iPhone7sプラスは緯創資通(ウィストロン)が主に組み立て、鴻海はそれぞれ一部分の組み立てを担うとみられている。

 市場観測に対し、鴻海は16日、市場のうわさにはノーコメントと説明した。ペガトロンも、特定の顧客に関するうわさにはコメントしないとした。

PCB生産設備を自社調達

 韓国の英字紙コリア・ヘラルドなどによると、有機ELパネル搭載iPhone8は、リジッドフレキシブルプリント基板(RFPCB)を採用する。業界関係者によると、アップルは今年予定するプリント基板(PCB)1億枚の調達を満たすため、自社でPCB生産設備を数千万米ドルで購入し、PCBメーカーに貸し出すもようだ。

 RFPCBは、従来のリジット基板やフレキシブル基板(FPC)より生産の難易度が高く、台湾メーカー1社がアップルの品質要求に応え切れず脱落した。アップルは、残る韓国インターフレックス、永豊電子の2社に対し増産を求めている他、韓国で3社目の調達先を模索しているとされる。
2017年06月28日

button_15.jpg  VR事業広げるサムスン 米で専門家雇い大リーグとも提携

2017/06/23

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が最近は、国内外で仮想現実(VR)関連事業の領域拡大に力を入れている。

 業界によると、サムスン電子米国法人は先ごろ、現地のVRスペシャリスト5人を契約社員として雇い入れて「VRB」というチームを立ち上げ、今月初めにはこれら社員をシリコンバレーに置く自社研究所の正社員として採用した。

 VRBチームは「VRB Home」「VRB Foto」という2種類のアプリをリリースしたほか、VRコンテンツクリエーターが利用できるツールキットも製作したとされる。

 また、サムスン電子米国法人は21日、大リーグで今季活躍する選手や球場、主な試合の模様などをVRコンテンツとして製作し、野球ファンに提供する内容の提携契約をリーグ運営側と結んだことを明らかにした。米国だけでなく韓国や日本、カナダ、メキシコ、台湾などのファンがVR機器を使い、試合を360度映像で観戦できるようになる。

 サムスン電子は昨年末には、米フェイスブック傘下のオキュラスVRや米グーグル、日本のソニー・インタラクティブエンタテインメントなどのVR機器メーカーとともに関連産業の振興を目指し「グローバルVR協会」を立ち上げるなど、VR産業の活性化をリードしている。

 今月初めには、ブラジルのリオデジャネイロで行われた格闘技大会「UFC 212」の対戦をVRで生中継した。

 同社関係者は「シンガポール法人は交通安全教育コンテンツを製作し、オーストラリア法人はがん患者のストレスを軽減するプログラムを実施するなど、エンターテインメントだけでなく社会貢献や教育分野でのVR活用にも取り組んでいる」と伝えた。
2017年05月23日

button_15.jpg  iPhone 8は「1000ドル突破」確定 アップルは値上げに強気姿勢

Forbes JAPAN 5/23(火)

ゴールドマン・サックスやNikkei Asian Review、ファストカンパニー等の有力メディアや、KGI証券のアナリストのミンチー・クオらは相次いでiPhone 8の価格が最低で1000ドルになると述べている。

アップルにタッチモジュールの供給を行う台湾のTPKホールディングスは、新型iPhoneの3Dタッチセンサー関連の見積もりを提出し、アップルはこれを了承した。費用は従来の一端末あたり7〜9ドルが、18〜22ドルに跳ね上がることになるという。中国メディアEconomic Daily News(EDN)の報道をDigiTimesが引用し伝えた。

費用の高騰の理由はOLEDパネルの採用だ。「3DタッチセンサーをOLEDパネルに組み込む場合、繊細なパネルを保護するために前面と背面の双方をガラスで覆う必要があり、これがコスト上昇を招く」という。

コスト高の要因は既に様々な面から指摘されている。ゴールドマン・サックスによるとOLEDパネル自体が35ドルの価格上昇につながり、さらに3Dセンシング技術の採用が20ドル、メモリのアップグレードが従来の端末から16〜29ドルのコスト高につながるという。

3Dタッチモジュールの投入により合計で100ドルのコストが上乗せされることになるが、これは氷山の一角だ。新端末には待望のワイヤレス充電や急速充電機能の搭載も期待されている。

iPhone 7 Plusの256ギガモデルは既に969ドル(日本では107,800円)で販売されており、アップルが業界で最大レベルの利益率を維持することを考えると、新端末の価格は低く見積もっても1000ドルを超える。

ゴールドマン・サックスは「アップルは既に設計工程を終えた」と述べており、製造コストの算出は既に最終段階に入ったと見られる。小売価格はさらに積み上がることになりそうだ。

アップルは製品の値上げを躊躇しない。新型MacBook Proの価格は大幅に上昇したが、売上は好調でブランドイメージも守られた。通信キャリアとの契約とセットで販売されるiPhoneは長期間にわたりアップルの利益を保証する。

新型iPhoneが1000ドルを超えることは確実であり、全てが順調に進めばアップルはまた新たな収益源を確保することになる。

Gordon Kelly
2017年04月28日

button_15.jpg  ベゼルレスからフルスクリーンへ変化、有機ELのフルスクリーンのスマートフォン時代が到来

2017年 4月 25日 UBIリサーチ

スマートフォンのディスプレイ領域が広がっている。

ディスプレイ領域(Display area:D.A)は、スマートフォンサイズ対するディスプレイサイズを表すものである。IMID 2016ビジネスフォーラムで韓国Samsung Display朴・ウォンサン首席は「D.Aはスマートフォンの携帯性を向上するためにサイズの限界を超えられる鍵になる。これからはD.Aを90%以上に拡大するフルスクリーンスマートフォンが発売され、スマートフォン市場の主役になる」と述べた。従来スマートフォンのD.Aは約60~70%程度だった。


<参考:Samsung Displayが発表したイメージファイル>

しかし、2016年に韓国Samsung ElectronicsはフレキシブルAMOLEDを採用したGalaxy S7 EdgeとNote 7を発売し、D.Aを75%以上まで拡大した。中国では、ZTEがD.Aを75.2%にしたNubia Z11を、XiaomiがD.Aを83.6%にしたMi Mixを発売するなどD.Aの拡大に取り組み始めた。

2017年に韓国LG ElectronicsはLG G6に18:9割合の‘Full Vision 5.7型 QHD+ Display’を 採用し、 D.Aを80.4%まで拡大した。前モデルであるG5に比べディスプレイのサイズは0.4inch向上したが、ベゼルは左右1mmずつ縮まった。D.Aは約10%拡大となった。

また、2017年4月に発売したGalaxy S8と発売予定のiPhone S8(仮称)は、ホームボタンを無くし、左右・上下ベゼルを大きく減らすことができるためD.Aは91%以上に拡大すると見込まれている。

このようにD.Aを最大化したフルスクリーンスマートフォンは、ハイエンドスマートフォン市場のトレンドになると見られており、フルスクリーンスマートフォン市場をリードするのはフレキシブルAMOLEDと予想される。


<ディスプレイタイプ別スマートフォン市場占有率、 出所:UBI Research>

フレキシブルAMOLEDはプラスチック基板を使用し、柔軟性を高めると同時に多くのモジュールを効率的にスマートフォンに取り付けることができるためフルスクリーンの実現に適している。

UBI Researchは、昨年10年に発刊した『Key issue and Market Analysis for Foldable OLED』で、左右ベゼルと上下ベゼルを減らした形のフルスクリーンAMOLEDタイプスマートフォンは、2017年に市場占有率約17%となり、2020年には約60%まで拡大、ベゼルレスタイプOLEDパネルの市場占有率を越えると見通した。


button_15.jpg  ‘Galaxy S8’ディスプレイ領域を83.6%まで実現、前モデルと比べ11.5%向上

2017年 4月 25日 UBIリサーチ

Samsung Electronicsは、3月29日(現地時間)米国ニューヨークで開催したUn Pack2017イベントで多くの人々の関心や注目を集めるGalaxy S8とS8+が公開された。




Galaxy S8のサイズはは前モデルであるGalaxy S7と変わらない。しかし、Galaxy S8はベゼルを最小限にし、ホームボタンを無くすことで、ディスプレイサイズを拡大した。Samsung ElectronicsはGalaxy S8を開発の際、スマートフォンを片手で簡単に持ち上げられ、安定的な使用感と広い画面の両方を求める消費者のニーズを満足させためGalaxy S7と同サイズで、画面だけを拡大させた。

Galaxy S8に適用したべゼルレスディスプレイ‘Infinity Display’は、スマートフォン全体の84.3%を占める。前モデルに比べディスプレイの大きさは0.7inch増加し、スマートフォンのサイズに対するディスプレイサイズを指すディスプレイ領域は11.5%まで拡大された。また、Samsung Electronicsはベゼルの色をブラックにし、エッジスクリーンを採用することにより、スマートフォン全体がまるでディスプレイに見えるような錯覚を持たせる。そのため、消費者は実際の画面より大きい画面を見ているように感じることができる。

Samsung ElectronicsはGalaxy S8のアスペクト比(画面の横と縦の比率のことを指す)を16:9から18.5:9に変更し、映画やテレビなどの映像を見る際の没入感を最大化している。一部のコンテンツは16:9比率のものを21:9にして製作しており、これは今後より多くなると見られる。このようなコンテンツをスマートフォンで見ると上下に余白ができてしまい、ユーザーの没入感を低下する要因になっていた。しかし、Infinity Displayは21:9用コンテンツに表示される余白を全て無くし、没入感を最も高めた製品だ。

Infinity Displayは画面の比率を拡大すると共に解像度もQHDからQHD+に向上し、モバイル機器では初めてHDRプレミアム認証を取得している。Samsung Electronicsは2016年に72.1%のディスプレイ領域を持つGalaxy S7を公開し、2017年には約11.5%拡大した83.6%のGalaxyS8を公開したことになる。今後のスマートフォン市場では、さらに拡大した90%のディスプレイ領域が主になると見込まれており、その目標に近づいているSamsung Electronicsの動向が注目される。

Galaxy S8とGalaxy S8+は人工知能AIアシスタントBixbyを搭載し、世界最初の10nmプロセッサを採用している。また、4GB RAM、生体認証、マルチウィンドウ機能も備えた。バッテリー容量はS8が3000mAh、S8+が3500mAhである。

button_15.jpg  サムスンの携帯電話販売 1〜3月期は9300万台

聯合ニュース 4/27(木)

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子の李明振(イ・ミョンジン)IR(投資家向け広報)専務は27日の記者会見で、1〜3月期の携帯電話販売台数は9300万台、タブレット端末の販売台数は600万台だったと発表した。

 また、米ドル建て平均販売単価は170ドル(約1万9000円)台半ばで、携帯電話販売のうちスマートフォンが占める割合は80%半ばだったと明らかにした。

 ディスプレーの売り上げに有機ELが占める割合は60%台前半で、液晶テレビの販売台数は1000万台だった。
2017年03月30日

button_15.jpg  Samsung、フラッグシップスマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表 有機ELパネルの大画面とスリムさを両立

ITmedia Mobile 3/30

 Samsung Electronicsは3月29日(米国東海岸時間)、米国・ニューヨークで開催したイベント「Galaxy Unpacked 2017」において、新型Androidスマートフォン「Galaxy S8」「Galaxy S8+」と、新型VRカメラ「Gear 360(SM-R210)」を発表した。



●Galaxy S8(5.8型)/Galaxy S8+(6.2型)

 Galaxy S8とGalaxy S8+は、Samsungのフラグシップスマホ「Galaxy S」の第8世代に相当する。S8は5.8型、S8+は6.2型の1440×2960ピクセル(画面比9:18.5)のInfinity Display(Super AMOLED【有機EL】ディスプレイ)を搭載している。

 ボディーは画面と背面にガラス素材、側面にアルミニウム素材を採用している。ガラスはCorningの「Gorilla Glass 5」を採用しており、耐傷性と耐衝撃性を高めている。画面は超狭額縁化され、横幅はS8が68.1mm、S8+が73.4mmとなった。とりわけ、S8については「Galaxy S7 edge」比で画面サイズが9%大きくなったにもかかわらず、横幅は4.5mm削減されている。

 超狭額縁化に伴い、Galaxyシリーズの象徴だったボタンとタッチセンサーからなるナビゲーションキーが画面内に「移動」した。画面内のホームキーは感圧センサーに対応し、バックキーと履歴(タスク)キーは端末設定で入れ替えることもできるため、他社のAndroidスマホに慣れた人でも安心して使える。



 バッテリー容量はS8が3000mAh、S8+が3500mAhで、ユーザーによる交換はできない。

 ボディーサイズとバッテリー容量以外の基本仕様は、S8とS8+で共通だ。メモリは4GB、ストレージは64GBを備え、外部ストレージはmicroSDXCに対応する。OSはAndroid 7.0をプリインストールする。生体認証は指紋認証(センサーは背面に搭載)に加え、虹彩認証にも対応している。外部接続端子はUSB 3.0 Type-Cを搭載している。

 モバイルネットワークはLTE(Category 16対応)、W-CDMAとGSMに対応し、市場によって「シングルSIMモデル」と「デュアルSIMモデル」が用意される。デュアルSIMモデルはDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応しているが、2枚目のSIMカードとmicroSDは排他となる。

 アウトカメラは約1200万画素のデュアルピクセルセンサーを、インカメラは約800万画素センサーを搭載している。シャッターを切ったときに3枚の写真を撮ってよりブレの少ない写真とする「マルチフレームテクノロジー」は、適用できる範囲が広がった。

 ボディーカラーはMidnight Black、Orchid Gray、Arctic Silver、Maple Gold、Coral Blueの5色を用意する。ボディーはIP68等級の防塵(じん)・防水性能を備えている。

●Gear 360(SM-R210)

 Gear 360(SM-R210)は「4K Social 360 Camera」をコンセプトに、リーズナブルな価格と従来モデル(SM-C200)よりも可搬性を高めたことが大きな特徴。

 スマホでの撮影はGalaxyシリーズに加えてiPhone(iOS 10以降を搭載する「iPhone 6s/6s Plus」以降の機種)に、PCでの撮影はWindowsに加えてmacOSに対応した。

 Galaxy S8/S8+と新型Gear 360については、別記事として実機レポートを掲載する予定だ。楽しみにしていてほしい。
2017年03月29日

button_15.jpg  iPhone8有機EL版、有機ELパネルをAUOから一部調達

 29日付蘋果日報によると、アップルが下半期にスマートフォン10周年記念モデルとして発売するiPhone8のうち、5.8インチの有機EL(OLED)パネル搭載版は歩留まり率が向上せず、量産が8月にずれ込むと予想されている。ただ、今年のiPhone8全体の出荷台数は1億台と、例年の7,000万台を超える水準が見込まれており、しかも55%を占めるとみられる有機EL版は単価が高いため、サプライヤーに恩恵をもたらしそうだ。アップルが発表した2016年サプライヤー上位200社には、鴻海精密工業をはじめ台湾メーカー39社が含まれている。



 サプライヤーは、iPhone8は追加される新機能が多いが、ワイヤレス充電、サブストレート基板(SLP)の歩留まり率が低いと指摘。さらに、有機EL版のカバーガラスのノイズ除去のため、タッチパネルを光学方式から静電容量方式に戻したことで、信号は0.35ミリメートルしか透過しないのに、カバーガラスは0.4ミリの厚みがあり、指紋認証機能に不安が残ると指摘した。このため、4.7インチと5.5インチ機種は7月に量産を開始する予定だが、5.8インチ有機EL版は1カ月遅れると予測した。

 証券会社によると、下半期のiPhone8出荷構成比は▽4.7インチ、30%▽5.5インチ、15%▽5.8インチ有機EL版、55%──。来年以降も合わせれば、iPhone8出荷は1億5,000万〜2億台が見込まれる。

 米系証券会社は、サプライヤーの受注状況や、有機ELパネル、ガラス筐体、3Dタッチ(感圧)センサーなどの機能がセールスポイントとなり、今年のiPhone出荷台数は前年比18%増と、プラス成長に転じると予測した。また、5.8インチ有機EL版は平均単価1,000米ドルが見込まれ、鴻海、和碩聯合科技(ペガトロン)、緯創資通(ウィストロン)が恩恵を受けると指摘した。

 モルガン・スタンレーは、今年のiPhone全体の出荷予測を前年比14%増の2億6,000万台へと、従来の2億4,500万台から上方修正した。

AUOからも一部調達

 アップルの16年サプライヤー上位200社のリストによると、主な台湾のサプライヤーは、組み立てが▽鴻海▽ペガトロン▽広達電脳(クアンタ・コンピュータ)▽仁宝電脳工業(コンパル・エレクトロニクス)▽緯創資通(ウィストロン)──。半導体は▽台湾積体電路製造(TSMC)▽日月光半導体製造(ASE)──、パネル関連は▽宸鴻集団(TPKホールディング)▽瑞儀光電(ラディアント・オプトエレクトロニクス)──、光学レンズは▽大立光電(ラーガン・プレシジョン)▽玉晶光電(ジニアス・エレクトロニック・オプティカル、GSEO)──など。

 新たに▽国巨(ヤゲオ)▽双鴻科技(オーラス・テクノロジー)▽健鼎科技(トリポッド・テクノロジー)▽精技電脳(ユニテック)──が加わった。このほか、鴻海が買収したシャープが40%以上出資しているレンズメーカーのカンタツも上位200社リスト入りを果たした。

 上位200社リストに含まれなかった液晶パネル大手、友達光電(AUO)は、特定の顧客についてはノーコメントとした。ブルームバーグの報道によると、AUOはiPhoneやiPad向けに液晶パネルを供給しており、アップルが売上高の2%を占める。アップルは今年iPhone8向けに有機ELパネルをAUOから一部調達する計画とされる。

 このほか、リストから外れたヒンジメーカーの兆利科技工業(JARLLYTEC)は、アップルのサプライヤーであることに変わりなく、出荷は正常だと説明した。筐体の谷ッ精密工業(コクソン・プレシジョン・インダストリアル)は、顧客についてはノーコメントとした。

 アップルは上位200社で調達額の97%を占めると説明している。
有機EL産業に関心のある方、応援クリックを!>>>


有機ELのデバイス物理・材料化学・デバイス応用普及版 [ 安達千波矢 ]

価格:5,184円
(2016/3/22 16:47時点)
感想(0件)

有機EL照明 [ 城戸淳二 ]

価格:2,376円
(2016/3/22 16:49時点)
感想(0件)

有機ELディスプレイ概論 [ 辻村隆俊 ]

価格:3,024円
(2014/10/4 08:25時点)
感想(2件)

ソニー 17型業務用有機ELモニター PVM-1741A

価格:432,000円
(2014/10/4 08:27時点)
感想(0件)

【送料無料】 有機ELディスプレイ / 時任静士 【単行本】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:41時点)
感想(0件)

【送料無料】 トコトンやさしい有機ELの本 B & Tブックス / 森竜雄 【単行本】

価格:1,470円
(2013/8/9 08:42時点)
感想(0件)

有機EL技術と材料開発

価格:4,410円
(2013/8/9 08:46時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】有機ELに賭けろ! 世界的権威が明かす日本企業がサムスンに勝つ方法/城戸淳二【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 08:43時点)
感想(0件)

東芝 65V型有機ELテレビ REGZA(レグザ) 65X910(標準設置無料)

価格:854,950円
(2017/5/23 15:40時点)
感想(0件)

【送料無料】 LG OLED55C6P 有機ELテレビ OLED TV(オーレッド・テレビ) [55V型/ 4K対応/ 3D対応]

価格:368,215円
(2017/5/23 15:38時点)
感想(0件)