◎ 有機EL照明/OLEDディスプレイの詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
💡>>有機ELディスプレイ・製造工程・有機EL照明の動向・コンサルティング
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

◎ 分析工房は、有機EL、有機太陽電池の高純度材料や中間材料の販売を日本の企業・研究機関向けに行っております。海外での委託生産も行っております。下記からお問い合わせ下さい。
💡>>有機EL材料、有機太陽電池の高純度材料
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 平面照明 有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BASF 真空蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled ドレスデン工科大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
  New! 「世界有機ELディスプレイ製造装置・材料産業年鑑2017」 5月30日発刊!
【有機ELディスプレイのパネル・材料・製造装置・部材などの主要メーカ企業動向をまとめた。韓国・中国などの企業・戦略・サプライチェーン・開発等、最新の海外情報も満載。】

💡詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/764-oledequipment2017.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋
◎ 分析工房は、UBIリサーチ社(UBI Research)の日本語の調査資料を販売しております。日本円での購入が可能です。 💡詳細・ご注文は → 分析工房
2017年09月15日

button_15.jpg  UBIリサーチ、李代表がOLED市場の見通しについて発表

2017年 9月 14日 UBIリサーチ

OLED専門のグローバルリサーチ機関であるUBIリサーチのイ・チュンフン代表は、9月5日から7日まで日本の東京にて日本メリルリンチ証券会社の主催で開催されたJapan Conferenceで、去年に引き続きOLED産業を代表して市場動向と見込みについて発表した。毎年開かれる同コンファレンスはメリルリンチ証券会社の顧客を対象に、日本の主要産業の動向についてフォーラム形式の発表と発表者との小規模ミーティングで構成される。

UBIリサーチのイ・チュンフン代表が招待されたことは、IT産業だけではなくて全体の産業においてディスプレイ市場の重要性を示している。最近、投資家らの間でディスプレイは関心産業として注目されて、参加者らは最近のOLED技術動向とOLEDパネル会社の現在と未来の生産規模について興味を見せた。

UBIリサーチのイ・チュンフン代表は同期間中に日経BPと「グローバルOLED市場の動向と見込み」についてインタービューを行った。主な質問は「OLED産業動向と今後のOLED TV市場の見込み」で日経BPのエディターの田中直樹氏によると、現在日本の電子産業は以前のディスプレイ産業の復興を期待してOLED産業とOLEDテレビに多くの関心を見せている。

インタービューを通じてイ・チュンフン代表はUBIリサーチOLEDディスプレイ報告書に収録されている市場の資料に基づいてOLED市場の見込みについての意見を打ち明け、今までもLCDが永遠だと信じている日本ディスプレイ関連の企業に対してより信頼性のあるOLED市場分析情報の必要性を強調した。

また最近参加したドイツのベルリンで開催された2017 IFAのOLED TV展示動向を共有することで、これからOLEDテレビが導いていくプリミアム市場を継続して注目するべきだと述べた。インタービューの最後には日本全体ディスプレイとセット産業において、日本のパネルメーカーのOLEDパネル生産が持つ重要性について強調し、インタービューを終えた。

UBIリサーチは毎月多様なタイトルでOLED産業と市場、技術 動向に関する報告書を発刊しており、最近OLED市場の拡大と共にさらに注目されている。より詳しい内容はUBIリサーチ(info@ubiresearch.com)にお問合せすると様々な報告書サンプルと情報サービスに関する説明を提供してもらえる。
2015年11月14日

button_15.jpg  韓国企業向け製造装置メーカ

今後に投資が活発になるOLEDパネル工場については、サムスンとLGなど韓国企業向けには、装置の韓国内の国産化が進んでおり、露光、蒸着装置を除く全領域で韓国企業が活躍している。これらの企業にOLEDライン増設に伴う恩恵が集中するだろう。 以下にOLEDの主要な工程別の製造装置メーカを示す。(非)韓国非上場企業

洗浄装置、 セメスター(非)DMS(068790)STI(039440)KCTech(029460)
イオン注入装置、 ULVAC(日本)Nissin(日本)
p-Si結晶化装置、APシステム(054620)JSW(日本)덕인(非)
PECVD、 AKT(米)SFA(056190) JUSUNG ENGINEERING (036930)
Sputter、 AKT(米)Ulvac(日本)이루자(非)アバコ(083930)
Scanner、 ニコン(外)キヤノン(日本)
Coater、 DNS(日本)ケイシテク(029460)
Dry Etcher、 TEL(日本)ウォンイクIPS(030530)ICD(040910)LIGエイディピ(079950)
Asher、 ICD(040910)Y.A.C.(日本)
Wet Etcher、 セメスター(非)DMS(068790)KCTech(029460)
Stripper、 セメスター(非)DMS(068790)KCTech(029460)
熱処理、 テラセミコン(123100)ビアトロン テクノロジーズ (141000)
AOI(光学式自動検査装置) 、  Orbotech (イスラエル) HBテック(078510)LIGエイディピ(079950) Array Tester、  Orbotech (イスラエル)トップエンジニアリング(065130)
DC Tester、 양전자(非)
洗浄Wet / Dry Cleaner、 セメスター(非)DMS(068790)STI(039440)KCTech(029460)
蒸着Evaporator、 キヤノンTokki(日本)SFA(056190)ヤス(非)
Glass Encap、 APシステム(054620)アバコ(083930)トップエンジニアリング(065130)
Thin Film Encap、 AKT(米)カティーバ(米) JUSUNG ENGINEERING (036930)アバコ(083930)
LLO (Laser Lift Off tool )、 APシステム(054621)
PI Curing、 テラセミコン(123100)ビアトロン テクノロジーズ (141000)
モジュール Scriber / Bonder etc. SFA(056190)トップエンジニアリング(065130)ロチェシステム(071280)
物流/ FA Logistics、 SFA(056190)トプテク(108230)トップエンジニアリング(065130)
2015年09月01日

button_15.jpg  スマホ販売急ブレーキの中国、Xiaomiの戦略にも大きな変化

ITmedia Mobile 8月31日(月)

 世界シェア3位にまで上り詰めた中国の新興メーカー、Xiaomi(小米:シャオミ)。だが中国国内のスマートフォン市場は成長が鈍化、同社の業績にも影響を及ぼし始めた。低価格モデルの拡充や新興国への進出など、同社は販売戦略を大きく変えようとしている。

●供給過多と低価格化でスマホ需要が一巡か

 世界のスマートフォン販売台数の約30%を占める巨大な中国市場。だがその中国でスマートフォンの売れ行きに陰りが見えている。IDCが2015年5月に発表した調査結果では、2015年第1四半期は出荷台数が1億台を割り込み、前年同期比で初のマイナス成長となった。これは2013年以来初のこと。出せば売れる状態が続いていた中国市場が大きな曲がり角を迎えている。

 とはいえ中国の携帯電話市場は停滞期を迎えているわけではない。4Gサービスの利用者は毎月1000万台後半の伸びを示しており、China Mobile(中国移動)の2015年7月末時点での4G加入総数は実に2億880万と、1月の1億680万から半年強で1億人も増加している。中国移動の総加入者数は8億860万人。このうち3Gが約2億、残りの約4億がまだ2Gユーザーだ。つまり4Gへの移転予備軍は6億契約もあり、今後も4G加入者数は伸び続けていくだろう。

 ではなぜスマートフォンの販売数に陰りが見えだしたのか。IDCの調査では2015年1四半期のスマートフォン出荷台数は9880万台、1カ月あたり約3300万台となる。これに対して中国移動の1月から7月の4G新規加入者数の1か月あたりの平均数は約1600万人。やや強引な計算ではあるが、4Gスマートフォンに買い替え2Gや3Gから乗り換えようとする消費者数に対し、スマートフォン出荷台数のほうが大きく上回っているのだ。ちなみにシェア2位のChina Unicom(中国聯通)、3位のChina Telecom(中国電信)の毎月の新規加入者数は月間平均200万と、中国移動に大きく水をあけられている。この2社の新規顧客による4G需要を考えても、やはりスマートフォンの出荷台数が需要数を大幅に上回っていると言えるだろう。

 実際に販売の現場を見てみると、家電量販店や携帯電話販売店などでは売れ筋から外れた製品を割引販売している例もよく見られる。また中国移動、中国聯通、中国電信はネット上の営業所でスマートフォンも販売しているが、旧モデルを定価以下で販売する例も増えている。中には299元(約5700円)と格安で売られる製品も多い。この状態はここ1年で顕著になっている状況だ。

 またスマートフォンの本体価格の下落が進み、その普及も一気に進んだ。2013年8月にXiaomi(小米科技:シャオミ)が799元(約1万5200円)の「紅米」を発売して以来、中国では低価格スマートフォン競争が勃発。この2年間に各社からは899元、699元など1000元以下の価格の製品が相次いで登場した。2015年に入ると599元という価格も珍しくなり、夏には499元の4Gスマートフォンも複数のメーカーが販売している。

 各社の競争は低価格ながらも性能はそれなりに高く、しかも質感を高めた製品を相次いで登場させた。だがその結果、1万円程度のスマートフォンでも性能的に2〜3年使い続けることも可能となった。買い替え需要を上回る新製品ラッシュの結果、ここにきてスマートフォンの売れ行きの伸びが鈍化しているのである。

●なりふり構わぬXiaomiの新製品戦略

 「AppleやSamsungのハイエンドと同じ性能で価格は3分の1以下」というコストパフォーマンスで人気を高めていったXiaomi。同社のビジネスモデルは1年間1モデル、オンライン販売に特化し限定販売で飢餓感を与えるというものだった。しかし今やその手法はすっかり影を潜めている。

 中国国内では実店舗展開も行い、家電量販店でもXiaomiのスマートフォンの取り扱いを始めた。またオンラインでも以前なら予約のための特殊なコード番号を取得する必要があり、そのコードが無ければ予約すらできなかった。だがそれも今では不要だ。

 スマートフォンの製品もフラッグシップモデル「Mi(小米)」シリーズではなく、より低価格なモデルの「HongMi:RedMi(紅米)」シリーズの展開が中心となっている。2015年に入ってからは「紅米2」「紅米2A」と2モデルを投入。どちらもカラバリ豊かなボディーが特徴のカジュアルな低価格のエントリーモデルだ。しかしこれはXiaomiを追いかけるMeizu(魅族科技)が2014年の年末に発表した低価格なカラバリモデル「M1(魅藍)」シリーズの後追いモデルとも見られており、市場を開拓してきたXiaomiが逆に他社に追従したという印象を受ける。

 2015年8月にはその紅米シリーズの大画面モデル「紅米Note2」を発表。プロセッサにMediatek HelioX10、1300万画素カメラ、5.5型フルHDディスプレイを搭載し価格は799元から。低価格モデルとして大きな魅力の製品だが、この価格とスペックは同社のフラッグシップの小米シリーズの潜在客を奪う可能性もある。実際、Xiaomiの売れ筋はすでに1年以上前から小米シリーズではなくなっており、販売数を伸ばしているのは圧倒的に紅米シリーズなのだ。

 毎年夏に開催されていたハイエンドモデル、小米シリーズの発表会も今年はキャンセルされた。2014年7月に発表された「小米4」の後継モデル「小米5」は年末に発表されるとうわさされており、その登場は大きく遅れる予定だ。しかもフラッグシップで同社の顔となるべく発売された小米4も、2カ月後の2014年9月にMeizuが発表した「魅族MX4」に価格もスペックも惨敗、人気も急落してしまった。2015年1月には大画面の「小米Note」を発売し、また小米4の価格引き下げも行ったがこれらも後追い感が強い。

 一方、海外向けには小米4のプロセッサと外装を変更し価格を下げたマイナーチェンジモデル「Mi4i(小米4i)」を2015年4月に発売した。小米4ではなく4iを投入した背景は、前述した「AppleとSamsungの3分の1の価格」という小米4ですら、中国外では売れないと判断したからだろう。筆者の居住する香港でも小米4iを使っている人を見たことはなく、学生や年配者が紅米シリーズを買っているのをたまに見る程度だ。先進国市場の場合、低価格な紅米なら一定の需要があるが、ハイエンドとなると小米を買うくらいならiPhoneやGalaxyを買う消費者が多いのだ。

 IDCの調査による出荷台数を見てみると、2015年第1四半期のスマートフォン全出荷台数は1790万台、そのうち中国国内数は1350万台で全体の75%だった。1年前の2014年第1四半期は全体が1380万台、国内が950万台で国内市場の割合は約70%。中国市場の成長鈍化に早くから気が付いていたXiaomiはm2014年から海外展開を急ピッチで進めているが、この1年の伸びを見ると未だに中国市場頼りであることがわかる。

 中国市場に匹敵するだけの数を出せるのはインドとインドネシア程度だろう。他の国での展開も強化してはいるが、一度にボリュームを出していくにはこの2カ国を重点的に攻める必要がある。一方でブランド力を高める市場として、香港、シンガポール、台湾などアジアでも所得の高い国に進出したが、上位モデルの販売は思わしくない。米国や欧州、そして日本など先進国への本格展開は、この現状からすると全くあり得ないだろう。

 インドでは、限定販売されたXiaomiのスマートフォンが数秒で売り切れるなど、新興国では確かに人気になっている。だがインドやインドネシア市場も地場メーカーの力は強く、Samsungもまだまだシェア上位に位置しており、Xiaomiがそれらの牙城を崩すまでには至っていない。スマートフォンだけでは規模拡大が難しいことからXiaomiは今、TVや空気清浄機、小型カメラなどスマートホーム、IoT、ウェアラブル、関連の周辺機器の製品の拡充も急いでいるが、これらの製品もすでに他社が手掛けていることから、どこまで売り上げを伸ばすことができるか先行きは不透明だ。

 低価格・高コストパフォーマンスでXiaomiの製品が売れたのは、他社に先駆けて新製品を投入して来たからだ。しかし今や他社も同じスペック・価格の製品を出しており、台ASUSのようなPCメーカーも低価格スマートフォンを次々に出している。Xiaomiが今後市場で存在感を高めていくためには、価格ではなくブランドで勝負できる製品を出していく必要があるだろう。
2015年06月03日

button_15.jpg  停電でも大丈夫! 電気に頼らない「太陽光照明」

HARBOR BUSINESS Online 6月3日(水)

 日差しが注がれず昼間でも暗い1階の部屋、あるいは大きな工場などでは、照明を付けなければとてもじゃないが仕事などできない。ところが、そんなくら〜い室内を、電気に頼らず明るくする方法があるのをご存知だろうか?

 それが「太陽光を利用した照明」だ。 

太陽光を有効利用した「電気の要らない照明」

 太陽の光を利用した「明かり取り」という意味では、昔から天窓がよく用いられてきた。ところが、天窓は日差しが届く角度の時しか明るくないし、夏は熱も一緒に取り込んでしまうため部屋が熱くなってしまう。

「太陽光照明」とは、天井などからパイプを引き、太陽の光をうまく取り入れて反射させる仕組み。そのため太陽が移動したり曇っていたりしても充分な明るさを保つことが可能だ。熱や紫外線を取り込まず光だけを取り込むため、熱さや寒さに影響することもない。天井からパイプを引いてくることで、1階の暗い部屋を照らすことも可能だ。もちろん日没後は暗くなるが、内部のLEDライトを付ければ通常の照明になる。

 資生堂は2009年、この太陽光照明を埼玉の物流倉庫に設置した。その結果、年間100万円以上の省エネになっただけでなく、従業員も以前より室内がずっと明るくなったと喜んだ。また、予想もしていなかった東日本大震災による計画停電の際にも役立ったという。そのため震災の後では、デパートなど商業施設でも注目されてきている。

 外国では、もっと簡単な“手作り太陽光照明”が活躍している。例えば、貧困層が暮らすブラジルのファベーラ(スラム街)では、住居が密集して昼でも暗い家がほとんどで、しかも照明代を払うお金はない。そこでペットボトルを使って作った太陽光照明が広まっているというわけだ。これを設置した家庭では、生活や仕事が格段にやり易くなったという。

 日本では、エネルギーの話といえば必ず電気のことだと思ってしまいがちだが、世界では必ずしもそうではない。電気のいらない照明があることはもっと知られて良いだろう。

<取材・文・写真/高橋真樹 著書に『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)など>

ハーバー・ビジネス・オンライン
2014年01月06日

button_15.jpg  無機EL発光のTシャツ、周囲の音を感知して、まるでオーディオイコライザーのように連動して発光

Xyclone(サイクロン)ELTシャツ・イルミネーションサウンドフラッシュ【ハイテンションガール XYT-0006】光るTシャツ・イコライザー・エレクトロルミネセンス

価格:2,980円
(2014/1/6 17:46時点)
感想(0件)




★アッパーなサウンドでイコライザーゲージはパワー全開★

XycloneからおもしろいTシャツが届きました!

このTシャツは周囲の音を感知して、その音の大きさやリズムによってまるでオーディオイコライザーのように連動して発光するのです!

これは莫大な投資が行なわれ、近年数兆円規模になると予測されるEL技術(Electro-Luminescence)を応用した最先端技術で作られているのです! ワオー(゜ロ゜ノ)ノ

【Electro-Luminescence(エレクトロルミネセンス)とは?】
フィルムに薄膜EL素子である硫化亜鉛などの無機物を厚さわずか0.5mm程度に敷き詰め、そこへ交流駆動型の電圧を流し込んで発光させる技術です。

なにやら恐ろしげな堅苦しい漢字が並んでしまいましたが、このTシャツに使用されているのは一般的に無機ELと呼ばれていて、発光面から熱を発しません。そのため発熱による危険性などがないのが特徴です。(^▽^)人体には10ボルト以上からなんらかの影響があると言われていますが、この製品は6ボルトです。
特別に電気に敏感な人は中に肌着を着てくださ〜い♪

★このTシャツを着用すれば個性的な空間を抜群に演出できます!

★EL発光は優しい光なので、暗い部屋や夜なれば抜群に効果を発揮してくれます。

★クラブや飲み会、お祭りイベント、結婚式の2次会や楽しいパーティー、スポーツ応援等、ムードメーカーさんに是非お勧め!

★数人で着るととってもテンションが上がること間違いなし!

マイク本体にはボリュームが付いています。
周囲の音の量に合わせて調整してください。
クラブでの重低音にあわせたり、人との会話にあわせたり自由に選択できます。

button_15.jpg  セコニック電子、無機ELの寿命向上へ、車載用など開拓

Xyclone(サイクロン)ELTシャツ・イルミネーションサウンドフラッシュ【スマイル・ザ・ウオール XYT-0001】光るTシャツ・イコライザー・エレクトロルミネセンス

価格:2,980円
(2014/1/6 17:40時点)
感想(1件)




 電子部品製造のセコニック電子函館事業所(函館市)は主力の無機EL(エレクトロルミネッセンス)の長寿命化に取り組む。発光体に硫化亜鉛などの無機材料を使う無機ELは有機ELに比べ安価だが、輝度が低く寿命が短い。明るさが半減するまでの時間を2倍に延ばしたうえで輝度を高めて、車載用機器など新たな用途開拓を図る。

 最初の輝度が1平方メートル当たり20カンデラの無機ELが10カンデラに落ちるまでの稼働時間を、現在の5千時間から1万時間に延ばす。「将来的には最初の輝度を200カンデラに高めるのが目標」(製造部)

 国の2012年度補正予算の「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」から1千万円の交付を受けており、今年度中に基礎技術を確立し、来年度にはサンプル出荷や量産化を目指す。

 発光面を区分して個別に点滅させる「セグメントEL」や、樹脂製の操作パネルなどとの一体成型が可能な「3D―EL」といった独自開発の技術と組み合わせて売り出す。暗い場所での利用が多い自動車や船舶、航空機など車載用スイッチや室内照明などの用途を開拓する。

 同事業所は1990年に函館市の臨空工業団地に進出して無機ELを製造。携帯電話のバックライト用に需要が伸びて一時は年間約10億円の売り上げがあったが、液晶との競合やスマートフォン(スマホ)への移行により現在は約2億円に減少している。

(日本経済新聞 12月4日)
2013年05月11日

button_15.jpg  自然光、透過型、光量アップ−次世代型有機EL照明、開発競争激化

 電機各社が、次世代照明として期待される有機EL照明の開発を加速させている。薄型テレビへの応用では、日本企業は韓国企業に後れを取ったものの、照明分野では「技術の高さ、幅広さで世界をリードしている」(業界関係者)と自負しており、各社の知恵比べが激しくなってきた。

 東京・銀座にあるパイオニアのショールーム。1階奥に今月、化粧台がお目見えした。鏡の周りを取り囲むのは、青やピンク色に変わる有機EL照明だ。自然光やオフィス照明も再現でき、外出先の光に合わせたメークを提案している。

 東芝とNECは透過型の有機EL照明パネルを開発した。このうち東芝の照明子会社は透過型の片面発光パネルを使った有機EL照明器具を試作し、コンビニエンスストアの窓際に設置した。消灯時は窓の外が透けて見え、暗いときはパネルの店内側だけが光る仕組みだ。

 面で発光する有機EL照明は光が優しく、軽くて薄い。ただ、安定的に明るさを維持するなど技術面での難しさに加え、高価なため、普及は遅れている。

 こうした中、パナソニックは屈折率の高い樹脂フィルムを使い光の量を従来の2・5倍に高めたパネルを開発。同社と出光興産との合弁会社が平成28年までに開発を終わらせる計画だ。

 富士キメラ総研によると、国内の有機EL照明器具市場規模は今年の31億円から32年には35倍の1085億円に拡大する見通し。

(以上、産経新聞記事より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

有機EL照明器具市場規模は2017年ぐらいから、大きく伸びると予想されています。現在は、製造コストを下げることが最大の課題かと思います。

有機EL産業に関心のある方、応援クリックを!>>>


有機ELのデバイス物理・材料化学・デバイス応用普及版 [ 安達千波矢 ]

価格:5,184円
(2016/3/22 16:47時点)
感想(0件)

有機EL照明 [ 城戸淳二 ]

価格:2,376円
(2016/3/22 16:49時点)
感想(0件)

有機ELディスプレイ概論 [ 辻村隆俊 ]

価格:3,024円
(2014/10/4 08:25時点)
感想(2件)

ソニー 17型業務用有機ELモニター PVM-1741A

価格:432,000円
(2014/10/4 08:27時点)
感想(0件)

【送料無料】 有機ELディスプレイ / 時任静士 【単行本】

価格:2,730円
(2013/8/9 08:41時点)
感想(0件)

【送料無料】 トコトンやさしい有機ELの本 B & Tブックス / 森竜雄 【単行本】

価格:1,470円
(2013/8/9 08:42時点)
感想(0件)

有機EL技術と材料開発

価格:4,410円
(2013/8/9 08:46時点)
感想(0件)

【総額2500円以上送料無料】有機ELに賭けろ! 世界的権威が明かす日本企業がサムスンに勝つ方法/城戸淳二【RCP】

価格:1,575円
(2013/8/9 08:43時点)
感想(0件)

東芝 65V型有機ELテレビ REGZA(レグザ) 65X910(標準設置無料)

価格:854,950円
(2017/5/23 15:40時点)
感想(0件)

【送料無料】 LG OLED55C6P 有機ELテレビ OLED TV(オーレッド・テレビ) [55V型/ 4K対応/ 3D対応]

価格:368,215円
(2017/5/23 15:38時点)
感想(0件)