2021年10月27日

シャープ、mini LED採用の新世代8Kテレビ「AQUOS XLED」発表

10/26(火) Impress Watch

シャープは、mini LEDバックライトを使った液晶テレビの新ブランド“AQUOS XLED”の新製品として、8K「DX1」シリーズおよび4K「DP1」シリーズを、12月10日より順次発売する。DX1は85・75・65型、DP1は65型・55型をラインナップ。価格はオープンプライス。

AQUOS XLED
8K「DX1」シリーズ
・85型「8T-C85DX1」 店頭予想価格176万円前後 2021年12月10日発売
・75型「8T-C75DX1」 82.5万円前後 同上
・65型「8T-C65DX1」 66万円前後 同上
4K「DP1」シリーズ
・65型「4T-C65DP1」 44万円前後 2021年12月10日発売
・55型「4T-C55DP1」 36.3万円前後 2022年2月26日発売

DX1、DP1シリーズともに、同社が今年6月に開発発表を行なった“mini LED 次世代ディスプレイ”の技術を商品化したモデルで、バックライトにminiLED、広色域に量子ドットを採用。従来の液晶テレビと比べ、輝度やコントラスト、色域の大幅な向上を実現している。

本稿では、8Kモデル「DX1」シリーズを取り上げる。4Kモデル「DP1」は別記事を参照のこと。

■ ミニLED×量子ドットで「高コントラスト」「高輝度」「広色域」を実現

DX1では、85・75・65型ともに8K/7,680×4,320ドットの液晶パネル(倍速対応)を採用。フルHDの16倍、4Kの4倍の高解像度を活かした、きめ細かくリアルな映像表現が行なえる。

最大の特徴が、バックライトに高密度実装された新開発のミニLEDとその制御技術。新技術「アクティブminiLED駆動」が表示する映像に応じて、エリアごとの明暗をきめ細かく制御するとともに、明るくしたい場所に電力を集中させることで、高いコントラストとピーク輝度を実現。夕日のきらめきなどを美しくクリアに映し出すという。

パネル部には、広色域かつ純度の高い3原色を生む「量子ドットリッチカラー」を搭載。ナノサイズの半導体粒子である量子ドットによる光波長変換技術を使い、バックライトの青色光から純度の高い3原色(RGB)を生成することで、広色域と色鮮やかな映像表現を可能にした。

さらに、表示する映像の局所的な明るさやコントラストを解析して、明暗差をさらに伸長することで、“まばゆいばかりの輝き”や“締まった黒”など、コントラスト表示性能をさらに際立たせる新設計「フレアブライトネス」回路を実装。独自のバックライト最適制御技術を応用することで、「まるで目の前に実物があるかのような、豊かな明暗表現力のある映像を再現できる」という。

8K開発で培った高い画像処理性能と高速パフォーマンスを備える、新開発の高画質画像処理エンジン「Medalist Z2X」を搭載。Medalistエンジンを進化させ、AQUOS XLEDの画質に最適化させたもので、解像度や映像フォーマットを解析することで、被写体が本来持つ質感や輪郭などを緻密に再現。「地上デジタル放送やネット動画なども細部まで美しく、臨場感豊かに表現できる」としている。

映像本来の美しさを復元する「オブジェクト プロファイリング」も搭載。

具体的には、被写体が本来持っている精細感を推測し、微細情報を補い、高精細映像に復元する「精細感復元」、周囲の画素から被写体が本来持っている形状を推測し、滑らかな輪郭を復元する「リアリティ復元」、HDR形式など入力フォーマットに応じて明暗描写を最適化する「スマートアクティブコントラスト」、輝度信号を解析して、元の映像が本来持っている輝きを推測して復元する「輝き復元」などの高画質化機能を盛り込んでいる。

なおDX1では、照明などの映り込みを抑える低反射かつ広視野角の「N-Wideパネル」を採用。パネル表面に、低反射コートによる映り込み抑制効果と斜めから見ても高コントラスト性能を保つ素材を採用することで、さまざまな視聴位置から鮮明な映像が楽しめるようになっているという。

HDR規格は、4K Ultra HD Blu-rayなどのHDR10と、4K/8K放送のHLGをサポート。さらにDolby Visionにも対応する。

■ 周囲を取り囲む、8スピーカーの「ARSS+」音響システム

イマーシブな音場を実現するという「ARSS+」音響システムを新開発。画面下部のミッドレンジ&サブウーファーに加え、背面上部にハイトミッドレンジ、サイドにツイーターを搭載した“8スピーカー”で画面の周囲を取り囲むことで、広がりのある音場を再現。さらに映像と音声の一体感を実現すべく、スピーカーシステムを薄さ約2.6cm(凸部除く)のフォルムに収め、高音質と薄型デザインを両立させた。

空間全体の音響パワーの変化をとらえ補正する音響補正技術「Eilex PRISM」も備えている。音声実用最大出力は70W。

またDX1シリーズは、狭額縁設計も特徴。既存の8Kモデル(8T-C60CX1)と比べ、8T-C65DX1は約1/5のスリムベゼルデザイン(約0.2cm)となっており、映像と背景の境界をミニマイズ。映像が浮き立つ「フローティングディスプレイ」デザインにより、没入感の高い視聴体験を目指している。

搭載チューナーは、BS8K×1、BS4K/110度CS 4K×2。地上/BS/110度CS×3。外付けUSB HDDを用意すれば、8K放送録画、4K放送の裏番組録画、4K放送と2K放送の2番組同時録画などが行なえる。番組録画時に、シーン(音声)の切り換わりに自動でチャプターを記録する「おまかせオートチャプター」にも対応する。

Android TVを搭載。リモコンのGoogleアシスタントボタンを押して、映画や番組をすばやく検索できるほか、テレビをハンズフリーで音声操作したり、Chromecast built-inを使ってデバイスからテレビに写真や動画、音楽を簡単にキャストする事も可能。エンタメ・生活情報サポートアプリ「COCORO VISION」にも対応する。

YouTubeの8K動画再生にも対応。YouTubeに投稿されている世界各地で撮影された絶景などの臨場感あふれる8K動画を、8K解像度で表示して楽しめる。

HDMI入力は4系統4端子で、1系統がARC対応、2系統が8K60Hzおよび4K120Hz入力に対応する。光デジタル音声出力やUSB、LAN端子も備えている。

消費電力・年間消費電力は、85型が約602W・421kWh/年、75型が約547W・388kWh/年、65型が約391W・327kWh/年。

スタンドを含めた外形寸法/重量は、85型が187.7×34.3×113.2cm(幅×奥行き×高さ)/約60kg、75型が165.5×31×100.9cm(同)/約45kg、65型が143.3×26.4×88.2cm(同)/約32kg。

■ miniLEDテレビがハイエンドモデルの基軸になる

シャープは26日、AQUOS XLEDの発表会を開催。

登壇した同社執行役員 スマートディスプレイシステム事業本部長・喜多村和洋氏は「AQUOSは、2001年の誕生以来、地デジ対応やフルHD化、スマートTV対応、8K化などディスプレイの進化とインフラの高度化に対応してきた。そして、これからのAQUOSに求められるのは、買い替え需要のニーズを掴む付加価値。そのためには“大画面”というサイズアップ、“高画質・高音質”というグレードアップ、そしてスマート化の3つが鍵を握ると考えている」と分析。「これら3つの要素を踏まえ投入する新しい製品が、“eXcellent eXperience(すばらしい体験)”を意味する『AQUOS XLED』シリーズ」だという。

そして、「基軸となるminiLEDには、従来液晶に使われるLEDと比べ約1/10サイズの発光素子を採用した。この小さなLEDを全面に、しかも多数敷き詰めることで、映像の輝きを3倍にまで高めている。さらにこのLEDを微小なエリア毎に点灯制御することで、液晶テレビとしての輝度とコントラストを飛躍的に向上させることに成功した。AQUOS XLEDであれば、従来の液晶では実現できない漆黒、そして有機ELでは実現できない月の輝きを実現する」と、AQUOS XLEDの優位性を説明した。

さらに「miniLEDテレビがハイエンドモデルの基軸になる」とコメント。

「調査会社によるディスプレイ方式別テレビ用パネル市場構成比予測では、来年2022年にもminiLEDテレビが有機ELテレビの構成比を上回り、2025年以降はフタ桁以上の構成比を占めるとも試算されている」と、miniLEDテレビの今後の拡がりを予測した。

同社では今後、新製品AQUOS XLEDを先進かつ最高の画質・音質、デザインを追求するフラッグシップラインとして位置付けつつ、従来液晶のAQUOS 8K/4K、そして有機ELのAQUOS OLEDという3つのブランドをテレビ事業の柱として展開していくという。

posted by 新照明の情報2008 at 09:17| マイクロLED・ミニLED | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする