2020年05月28日

​​〇LG電子、世界初の48型OLEDテレビ発売へ…ラインナップの拡大

2020-05-27 亜州経済

LG電子が27日、世界で初めて48インチ型OLED(有機発光ダイオード)テレビを発売した。 LG電子がOLEDテレビで50インチ型以下の製品を発表したのは初めてだ。

LG電子はこれでこれまで88、77、65、55インチ型など大型中心だったOLEDテレビを48型に拡張し、中小型までフルラインナップを取り揃えることになった。 48インチ型の国内発売はまだ未定だ。

今回世界市場に披露した48インチ型OLEDテレビは中型級の画面に4Kの解像度を取り揃えた。 画素一つ一つが自ら光を放ち、画素が細かく、一般96インチ型の8Kテレビに匹敵する。

LG電子は48インチ型OLEDテレビを前面に出し、日本や欧州など家屋構造の狭い地域の居間用テレビはもちろん、空間制約なしにプレミアム画質を望む顧客需要を積極的に攻略する予定だ。

従来のOLEDテレビの長所である圧倒的画質と優れた反応速度を持ち、没入感が重要なゲーミングテレビにも適しているというのがLG電子の説明だ。

LG電子が業界初に適用したNVIDIAのグラフィック互換機能「G-SYNC Compatible」は外部機器のグラフィックカードとテレビ画面の走査率を一致させ、画面の途切れることを最小化する。

また、テレビが自ら画面を分析して最適の映像と音響を提供する人工知能プロセッサー「アルファ93世代(α9 Gen3)」、視聴者が多様なコンテンツを楽しむのに最適な「ドルビービジョン(Dolby Vision) IQ」、フィルムメーカーモード(Filmmaker Mode)など既存発売された2020年型OLEDテレビの長所をそのまま搭載した。
posted by 新照明の情報2008 at 16:36| 有機ELテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする