2020年01月16日

〇【CES 2020】紙に書いた文字をデジタル化するノートと風になびく有機ELディスプレイ

2020年1月11日 iPhoneマニア

toppic001.png

中国RoyoleがCES 2020において、革製のノートカバーに内蔵したセンサーとペンとの組み合わせで、ノート(紙)に書いた文字や絵を読み取り、デジタル化してスマートフォンなどにワイヤレスかつリアルタイムで送信する「RoWrite 2」を発表しました。

Royoleといってもピンと来ない人も多いかも知れません。昨年のCESで、Samsungに先駆けて折りたたみスマートフォンを一般公開し、大きな話題を呼んだメーカーといえば、思い出していただけるでしょうか。

RoWrite 2は名前が示すとおり2代目であり、初代と比べ40%の軽量化とバッテリーの持続時間延長、文字認識の精度向上を実現しているとのことです。

RoWrite 2はノートカバーとペンがセットになっており、価格は129ドル、3月に米国で発売予定です。

風になびく超薄型ディスプレイ
ブース内では、同社が得意とするフレキシブルかつ超薄型のディスプレイがさまざまな形で紹介されていました。なかでも風になびくディスプレイのデモ、そして大量のディスプレイを葉のように飾った木「RoTree」(トップ画像)は注目を集めていました。

Royoleは昨年同様、折りたたみスマートフォン「FlexPai」も出展していました。昨年のCESで出展したのは開発者向けモデルでしたがが、今年は一般向けモデルをデモ。同スマホは中国限定で販売中です(8,999元、約14万2,000円)。

同社はこのほか、7.8インチのAMOLEDディスプレイを周囲に巻きつけたスマートスピーカー「Mirage Smart Speaker」も発表しています。500万画素のカメラ、マイクロフォン2個を搭載、Amazon Alexaに対応しています。価格は899ドル(約9万8,000円)、今年第2四半期発売予定です。

toppic001.png
posted by 新照明の情報2008 at 10:07| 有機ELディスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする