◎ 有機ELディスプレイと照明の詳しい状況は下記のページもご覧下さい。
💡>>有機ELディスプレイ・製造工程・有機EL照明の動向・コンサルティング
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 京東方科技集団  有機エレクトロニクス TCTA インジウム ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 光取り出し フィリップス コスト 講演 出光興産 天馬 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 住友化学 蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光興産 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 液晶 封止 有機EL照明 JOLED BOE CSOT TEL 蒸着 キャノントッキ oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

◎ 分析工房は、有機ELの高純度材料や中間材料の販売を日本の企業・研究機関向けに行っております。中国での委託生産も行っております。下記からお問い合わせ下さい。
💡>>有機EL材料の高純度材料
OLED 市場 市場規模 価格 Liq フレキシブル 製造装置 有機ELパネル プリンテッドエレクトロニクス 電子輸送層材料 封止 製造工程 ロールツーロール BOE 上海和輝光電 サムスン オルドス 和輝光電 住友化学 コニカミノルタ 有機半導体 パナソニック 京東方科技集団 光取り出し効率 フレキシブル 有機エレクトロニクス TCTA ロールtoロール 市場規模 セミナー 正孔注入層材料 コスト 講演 AGFA 出光興産 三菱化学 ZADN プロセス 低分子 高分子 ホール注入層材料 BOE 蒸着装置 ロールツーロール ノバレッドAG  Rubrene 有機EL 省エネ 環境 HAT-CN  コンサルティング TmPyPB Novaled 九州大学 山形大学 F4TCNQ 韓国 動向 中国 NPB 最新情報 philips GE 台湾 Spiro-TAD  Ir(ppy)3 C545T 有機エレクトロニクス研究所 有機EL OLED 有機el サムスン oled 出光 CSO .市場 BOE LG インクジェット 中国 SID 韓国 製造工程 有機 ジャパンディスプレイ ディスプレイ JDI 有機EL カティーバ 工程 AMOLED フレキシブル 照明 価格 封止 有機EL照明 JOLED .EL LED 蒸着 和輝光電 oled材料 天馬 RFID 上海和輝光電 設備投資 分析工房 材料 パネル 製造装置 構造

╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・
  New! 「世界有機ELディスプレイ産業年鑑2019」 10月30日発刊!
【有機ELディスプレイパネルのみならず、材料・製造装置などの主要動向を網羅した。韓国以外に中国・台湾・欧米・日本の企業別動向等もまとめており、タイムリーな情報が満載の1冊。】

💡詳細・ご注文は → http://www.global-net.co.jp/publication/ledel/1113-oleddp2019.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋╋
◎ 分析工房は、UBIリサーチ社(UBI Research)の日本語の調査資料を販売しております。日本円での購入が可能です。 💡詳細・ご注文は → 分析工房
2018年10月07日

button_15.jpg  サムスンディスプレイ、リジッドOLED活況に第3四半期業績回復

2018.10.05 ET News

サムスンディスプレイがリジッド有機EL(OLED)パネル事業が前年同期の水準に回復し、実績が第2四半期底を打って、第3四半期に上昇した。 サムスン電子は、第3四半期の連結暫定業績を売上高65兆ウォン、営業利益17兆5000億ウォンを達成し、前年同期比の売上高4.75%、営業利益20.44%で成長したと、5日に発表した。

このうち、デバイスソリューション(DS)部門ディスプレイ事業は、営業利益が約8000億〜9000億ウォン台を達成したものと推定される。第1四半期4100億ウォン、第2四半期1400億ウォンで底を記録したが、リジッドとフレキシブルOLED生産工場の稼働率がすべて上昇し、第3四半期の利益が回復したと見られる。四半期の営業利益では1兆ウォン台を超えていない第4四半期になるという可能性も提起される。

ディスプレイ実績が第3四半期に急回復した理由は、AppleのiPhone用パネルの供給とリジッドOLED需要回復が功を奏している。

サムスンディスプレイは、アップルが最近発売したiPhoneの新製品XSとXSマックス用フレキシブルOLEDを供給した。去る5月から生産を開始し、今後の新製品の成績に応じて生産量が変わるようになる。 中国のスマートフォンメーカーを中心にリジッドOLED需要も回復した。中国はフレキシブルOLEDよりも価格が安いリジッドOLEDを中心にプレミアムモデルを打ち出す。リジッドOLEDが低温多結晶シリコン(LTPS)液晶表示装置(LCD)との価格競争が激化し、供給価格が下落したので、中国を中心に需要が徐々に増加した。

業界では、リジッドOLEDを製造するサムスンディスプレイA2工場稼働率が前年同期水準を上回ると分析した。昨年第3四半期の稼働率が約80%台であった場合、今年の第3四半期は90%を超える水準に稼働率が高まった。 一方、フレキシブルOLEDを製造するA3工場の稼働率は前年水準にはまだ達していないと思われる。iPhoneの新製品を生産しているが、全体の生産量が増えていないためとみられる。